スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

与えられた記号 

夢を与える。

勇気を与える。

聞こえが良い。今時のスポーツ選手や、芸能人なんかが好んで良く使う言葉である。

つい先日もこの言葉を聞いた。それも、ふたつ、いや、よっついっぺんに。

国際サッカー連盟FIFA)の2011年女子世界最優秀選手に選ばれた、日本代表主将のMF澤穂希選手。それに最優秀監督賞を受賞した佐々木則夫監督。

澤選手は「日本人でも、世界の最優秀選手になれる夢を与えられたというのは、意味があると思う」。

佐々木監督は「震災で世界中に助けていただいたことにお礼申し上げたい。日本の皆さんに感動、元気、勇気を与えることができました」。

夢を与える。感動を与える。元気を与える。勇気を与える。

確かに、その世界において並々ならぬ努力と精進した者の中でも、極めて優秀で極めて一握りの人間にしか辿り着けない偉業であることには異論はない。

そして、その高尚な想いにも素晴らしいとは思う。

にしても、である。違和感がある。

夢、感動、元気、勇気、これらを「与える」。今回に至っては「与えること」が「できた」とのことだ。

どうも、おこがましい気がしてならない。

これらは「与えられる」ものだろうか。百歩譲ってそれが出来たとしても、発信者が口にするものだろうか。

これは、そう受け手が感じることではないのか。

この言い回しが発信者の思い上がりでなければ、あまりにもした形骸化した常套句、陳腐な記号でしかかないように思えてならない。

よほど素直に「夢に向かって進むことの素晴らしさを伝えたい」「勇気、元気を出して貰いたい」などの言い回しの方が共感が持てる。

そして、この記号に反応して「勇気をもらった」という記号を口にする者も多い。

何も感じないのだろうか。

選手のひたむきなプレーを観て勇気や元気が湧いてくる。トリガーは発信者の姿勢かも知れないが、それを出したのは自分であるのに。

よほど、双方に口当たりのイイ言葉なんだろうな。

いや記号か。それも誰かに「与えられた」既製品の。

そういえば、以前にも似たような同じ事を書いたな。思い出して、読み返してみて「視点が違うな」と。

少しは成長したのか。いや誰かに何かを与えられ、成長させて貰ったのか。

してないんだろうな多分。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

あるく男 

金曜日の晩、遅くまで呑んだ。

土曜日は昼間っから呑んだ。

そして、晩も呑んだ。

普段はそんなに呑まないのだが、所用が重なってしまったのでしようがない。

とは云え、共に結構な量のアルコールと似たり寄ったりの酒の肴達。カロリーは相当高いはずだ。

なので、その晩は歩いて帰ることにした。タクシーを呼ぶのが面倒くさかったのもある。それに、昨今の運動不足は目に余るものがあり、太ももなんかは見るからに細くなってしまっていることを実感していたところであった。丁度イイ。

月夜だった。飲み屋から自宅まで、そう大したことはない。と高をくくっていたが、案外遠い。

ひたすら、田舎道を歩く。額に薄っすら汗がにじむ。もう20分程歩いたのか。脂肪が燃焼し始めたと思われる。

4km程歩いてきたところで、右足の付け根辺りに痛みが走る。やはり運動不足か。それに体幹が歪んでいるのかもしれない。片方に負担がきているのだ。

歩き方を変えてみる。何だかぎこちない。

汗は益々湧いてくる。

時折すれ違う車のライトが眩しい。

ふと思った。

服装といえば、黒いTシャツに黒ジーンズ。素足にサンダル。そして手ぶら。

月夜の深夜。黒ずくめ。ビーサン。周囲には何も無い一本道を向こうから、ぎこちない歩き方の汗だくのおっさんがやってくる絵面。

仕事帰りには到底見えないし、市民ランナーにも見えそうにもない。

客観的に観て、そうとうあやしい。

おもむろにヘットライトに浮かんだその姿に、ドライバーは見てはいけないものを見てしまったとゾッとしたりしていのかも。

もし警ら中のパトカーと鉢合わせになったら、職質されるかもしれない。

大人としてうまい言い訳ができるのだろか。今のご時勢、尿でも採られかねない。

それならそれでいい。相当量のアルコールが検出されるだけだ。ただの酔っ払いなのだから。

1時間30分後、自宅に到着したときには全身汗まみれになっていた。

熱めのシャワーを浴びる。

すっかり爽快で健康的な気分。日頃の運動不足も解消できたし、先程の足の痛みも消えうせているようだ。

素面でジョギングしたりするのは面倒だが、呑んでしまえば勢いでこんなにも歩いてしまう。そうか呑んで歩けばイイのだ。普段よりも健康的で体力維持も期待できるのでは。簡単なことではないか。

妙なポジティブシンキング。でも結果はプラマイゼロ。むしろマイナス。

ただの酔っ払いの思考。

下腹がキュルキュルと泣いている。


時々クリックお願いします

いつかどこかで 

劇的に若返っている。

新聞の折込みチラシ。どうやら美容用の薬のようだ。

それをただ飲むだけ。64歳の女性が僅か1ケ月足らずで、劇的に変わっている。どう観ても30代にしか見えない。

しみ、そばかす、しわ、たるみ、いわゆる老化の四大要素を全てなかったことに出来るらしいからスゴイのだ。

チラシには体験者の使用開始から終了までの顔写真が掲載されているが、これが泣かせる。

使用開始前の顔は四大要素の見本市。それが2週間後には半減。1ケ月後には全てナッシング。見事に若返っている。若返りすぎ。

というか、ギャップありすぎ。老け顔作りすぎ。安いコントの老けメイクじゃないんだから。あまりのGC全開ぶりに切なくなってしまうじゃないですか。

この時代にあって、ご丁寧に体験者の氏名まで書いちゃて。そうですか。

それで、いったいこのバイトの報酬はいくらなの。

その薬、定価19800円のところを今回は出血大サービスの特別価格9800円だそうだから、大した報酬でもないでしょう。

きっと、掛け持ちでバイトしているんですよね。

いつか、また、別の紙面で会いましょう。

別の違うお名前ってのはナシですよ。

時々クリックお願いします

民意 

結果、民主党の圧勝だった。

大方の予想通りであったが、これほどまでとは。

ついに政権交代。とは言われているが、現行の小選挙区比例代表併用方式での選挙はこのままでイイのだろうかと思ってしまう。

かなり疲弊した制度ではないかと思う。

そもそも国の議員を選ぶ選挙である。なのに、異常に細分化された選挙区。1票の重みの格差も大きい。

数十年前ならいざ知らず、交通も情報も発達した今の時代、もっと大きな選挙区で選挙をやるべきだと思う。無駄に道路を作ったりする、おらが村の国会議員は要らないである。

全国を有権者数が同じ位の10選挙区程度に分ける。議員定数も一定とする。そして、死に票の「死に票たる由縁」を軽減するために、1名に投票するのではなく、1位から3位程度までを投票するのだ。

比例代表制で気に入らないのは、その党の名簿順の上位から自動的に当選者が出ることだ。

同一党内の全国区の立候補者の中から、1位から3位程度までを併せて記載して投票したらどうか。その党の得票の多い者が上位となるのだ。そうすれば選挙区で敗退した者が復活しても、今ほど違和感は少ないハズである。

そして、お次は総理大臣選。

いつまでも、現在の互選方式でいいのか。

アメリカの大統領になるためには何が必要か。党内での指名獲得は当然である。それよりなりより、あのバカでかい国土を走り回り、直接有権者を納得、説得するだけの色々な能力が必要とされる。そして、その戦いに勝利した者があの大国を治めているのである。

政権交代。吉と出るか凶とでるか。一度、やらせてみないと判らないのは確か。

しかし、もう少し民意が反映される選挙制度であってほしい。

自分達で選んだ政治。

そうすれば、今までより納得できるのでは。

その結果がどうであったとしても。

時々クリックお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。