スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

スターウォーズ エピソード3 

遅ればせながら観てきました。

休日なのに観客は私を含め、8人程度。大丈夫なのでしょうか。

エピソード1、2とコケまくったルーカスおじさん。今回は前評判が良いのですがこれでは心配です。観に行ったタイミングのせいだと自分に言い聞かせ始まるのを待ちます。

オープニング。イイ。熱烈なSWファンではありませんが、このタイトルバックにはニヤつきます。
のっけまら最後まで、何と云っても「気合」が違います。SWの最後なので当然です。圧倒的なVFXの数々。もはや映像的に「不可能」などと云う言葉は存在しなくなったのではないでしょうか。それ程に見事です。

VFXに関しては1,2でも大変なものでしたが、全くワクワクできませんでした。今回はエピソード4に近い感覚を覚えました。それは、見世物的な感覚と自己満足的な1、2とは違い、スクリーンの外に広がる広大な規模のスケール感が出ているからでしょう。観る者の想像力に訴えるもの、これを取り戻すことに成功しています。

これは多分にルーカスとスタッフの心意気と気合の問題で、ここにきてやっと初心に帰ることができているように思えます。その上、約30年前とは比較にならない技術の進歩が協力に後押ししているのだから鬼に金棒状態なのです。

それに、編集者が変わっていることも大きなポイントなのかも知れません。これまでの単調で緩慢な感じは影を潜め、ダイナミックでスピード感に溢れています。

続編物の宿命として観客層を広げるといった宿命があります。これはともすると稚拙になりがちですが、今回はシリーズの中で一番ダークで、かつ色々な謎が解き明かされる事もあって、大人の鑑賞に堪えるものにはなっています。ある面ネタが割れているので予定調和的な面も否めませんが、そこはまぁご愛嬌ということで。

アナキン役のヘイデン・クリステンセンも凄く良くなりました。

エピソード4時代への繋がりの表現として、戦闘機や宇宙船のデザイン、後の帝国軍戦闘員となるクローン軍の戦闘服のデザイン、パドメの髪型など良く考えらています。

これらの極めつけとして、アナキンが始めてあのマスクを着け、呼吸をするシーンはカタルシスさえ感じます。そしてこのベイダー誕生のシーンにからむパドメの死と出産はギリシャ悲劇を彷彿とさせます。

そしてラスト。エピソード4のあのシーンと同じ二つの太陽のカット。鳥肌ものでした。

しかし、アナキンの苦悩がもう少し掘り下げられていたら、もっと良くなっていたのかも知れません。例えば、パドメを瀕死の状態に設定し、その中で大戦に巻き込まれ、ジェダイ評議会とシスとの狭間で葛藤し苦悩する。ここにもっと時間を割くべきでした。ルーカスおじさんが初心に帰っても、もともと人間を描くのが不得意なので、やはりここに弱さを感じてしまいます。

観る者に「ベイダーに成らざるを得なかったアナキン」に対して、もっとウマク感情移入させることが出来ていれば文句なかったのではないでしょうか。

まぁ、でも色んな意味で1800円の価値はある内容だとは思います。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

さらば、お笑い芸人 

昨年ぐらいから、第何期か知らないが「お笑いブーム」だった。

だった。と書いたのはもう終わっているように思えるからだ。

最近、時々お笑い番組を見ると、何が面白いのか理解に苦しむ。別に笑いを評論する程ヤボじゃないが、単純にネタが面白くない。

昔の漫才ブームと比較してしまっては身も蓋もないが、それほどまでに作り込まれていないような気がする。

あるいは、当初は作り込まれ練られていたのだろうが、さんざん消費されすぎて新鮮さもインパクトも感じられないくなって来ているのかも知れない。これは目新しいお笑い芸人が出てきても同じように思える。逆に云えばそれを払拭するくらいの奴らが出てきていないことである。

そんな中、アンガールズはウマイなと思う。田中の得意なキャラクターとボキャブラリーの豊富さと回転の速さは追随を許さない。今後、生き残れるかどうかは分からないが、ひとまず安泰ではないだろうか。

新しいところでは、オリエンタルラジオか。心地よい小気味さと語感の妙。「カッキーン」は新鮮だ。

反面、ヒロシもギター侍もエポックメーキング的な部分もありオモシロかったのだが、如何せん消費されすぎ。

その他は、後2ケ月後には消えてなくなるのではないだろうか。特に摩邪なんて奴は2ケ月といわず早いこと田舎に帰った方が身のためだ。いったいギター侍と何が違うというのだ。

それから、仲間内のお笑い芸人をネタにする連中。最近よく目に付くが、もうこれは本当に終わっていると考えていい。

自分自身のネタに自信がないのか、ネタが尽きたとしか見えない。そんな訳だから、ホンの少し顔が知れただけで、みんなバラエティーに出たがるのだ。

まぁ、考えてみると彼らはそもそもが長い下積みや師弟関係の中で培ったバックボーンが希薄な「お笑い芸人」であり、決して「芸人」じゃないのだろう。本人達も「お笑い芸人」であることに何の疑念も持っておらず、正味期限が切れない内に目一杯消費されることを自ら望んでいるのではないだろうか。

まぁ、本当にどうでもイイことだったが、空転するお笑い番組を見てふと思ったので書いてみた。

時々クリックお願いします

バリュウム・プレイ 

バリュウム飲んだ。

久し振りの胃透し。相変わらずマズイ。発泡剤も飲む訳だが、これまたマズイ。

ゲップ厳禁である。必死に堪える。あからさまに音を立てると怒られそうで、音をかみ殺したスカシゲップで凌ぐ。

そんな苦しい状況の中、透視機に乗っけられ、グルグル回されるからキツイ。

時計回りに横3回転、そして反転。さらに頭を下にした状態でかなりの角度傾けられる。体重を支える腕と脳天からつま先まで一直線に重力が襲い掛かる。その状態で右45度に身体を傾けられる。次ぎは左旋回。まるで、宇宙飛行士の訓練みたいなアクロバティックな状況が続く。ディスカバリーにでも乗せるつもりか。

その間、お辞儀しろ、息を吸え、ハイ止めてだの、ゲップはするな、手すりをしっかり握れだの注文が多い。人間工学的に無理な態勢の連続。全てを同時にこなせるほど、私は器用じゃない。

しかもそんな事を繰り返しやっていると、技師の指示もいい加減になってくる。

いつまで息を吸わせつづける気だ。いつまで息を止めさせつづける気だ。ハッキリしろ。

襲い掛かるGと窒息状態。身の危険さえ感じてしまう。

これだけ医学と科学が発達しているのに未だにこんな事やっている。相手は嬉々としてプレイしているんじゃないかと勘繰ってしまう。

結局、健康診断だからガマンもする。それじゃなくてコレをやるようだったら、かなりのマニアだろう。

そして極めつけは後で下剤にやられるのだ。

誠に至れり尽せり状態である。

時々クリックお願いします

お財布ケータイ 

お財布ケータイが話題になっている。

ケータイをレジにかざすだけで支払いが済む。仕組みはよく知らないが、ケータイのコードか何かを読み取り、通信料を払っている口座から代金が引き落とされるのだろう。

お金どころかクレジットカードや会員証、マンションの鍵さえいらないような状態である。

しかし、コイツを落としたら大変だろう。

カードやサイフを落としたこと気づいたら心あたりの場所を探すために先ずケータイで連絡する。いよいよ分からなかったらカード会社に電話して停止を掛けたりするが、肝心のケータイを落としてしまうと、連絡するにも大変になってしまうのではないだろうか。

昨今カードはスキミングや個人情報流出が問題となった。このお財布ケータイもセキュリティの面からしても、インフラの面からしても普及するまでにはまだ時間を要するだろう。また、財布=ケータイのイメージに対する抵抗感も否めない。

それでは、その間、ケータイお財布はどうだ。

ケータイそのものがお財布なのだ。小銭も入れられるし当然お札だって入る。カードも仕舞える。形だって二つ折りできるので都合がイイ。これならとっつき易い。

夏場は財布とケータイを持って歩くと、ズボンのポケットが満杯になって仕方ないがもう大丈夫。

大丈夫って全然ダイジョウブじゃない。落とした時のダメージは個別に落とすより甚大だ。

そのうえ、小銭が増えると電話かけるにもイチイチ重いし、ジャラジャラうるさい。

しかも貧乏くさい。

ハイテクでスマートなイメージから程遠く、韓国市場のミョーに日本語がウマイ店のバッタ物みないなチープさが漂ってしまった。

時々クリックお願いします

相性の問題 

事故った。

情けない理由により、路肩の縁石にぶつかってしまったのだ。

完全なるひとり相撲で、身体は大丈夫だが車の方は左前輪のホイールが割れてタイヤが2本オシャカになり、ローアームも曲がってしまった。幸い致命傷とはならないようだが、その修理費用な結構な額になるだろう。

この世の中には「相性」というものが存在する。

犬は犬同士、見た瞬間から互いに吼えまくったりする。言葉も交わさないのにだ。きっと相性が良くないからだろう。人間だって同じで第一印象でダメな人もいる。

不思議なもので、相手が人間や動物でない場合もある。

私と私の車の場合もそう考えられる。

ずーと無事故無違反でこれまでの車にはキズひとつ付けたことなかった。しかし、今の車に乗ってからは、購入後数日でシートをタバコで焦がしてしまうし、半年で左側面を殆ど交換するくらいの事故に遭った。

その後立て続けにスピード違反でつかまったり、横にあった自転車が倒れ込んでホディーが凹んだり、知らぬ間にドアにキズを入れらたたり、その他モロモロ方々キズだらけ。そして今回の事故だ。

きっと相性が悪いのだろう。

売り払ってやろうかとも思うが先立つものがない。

近いうちに請求書と共に車が帰ってくるだろう。ブルーな気持ちと裏腹に天気が良すぎる最近。久し振りに洗車しよう。

新しい車は買えないので、媚びでも売ってみることにする。

時々クリックお願いします

鼻毛とチャンポン 

鼻毛を切っていて思い出した。

入社したての頃の上長のことだ。

年配のその課長は異常に鼻毛が長く、しかも濃かった。本人も気になるらしく、仕事中も何やら怪しげな中国製薬品みたいなものを塗りこんでいたことを思い出す。簡単な話、家で鼻毛カットしてくれば済む。ひょっとしたら、カットしたにも関わらず、急速な勢いで成長していくそれを止めるための秘薬だったのか知れない。

その薬は酷いにニオイがした。回りにいる私らでも臭うのに、それを直接塗布している本人は相当なものだったに違いない。

そのくせ鼻毛課長はうるさかった。

仕事が遅い、車の運転が荒いと怒鳴られ、提出物が遅い、報告がなっていない小言を言われ、事あるごとトニカクに怒られた。まぁ、いい加減なことをやっていたので怒られていたと思う。しかし、あまりの酷さに課長の自宅に深夜爆竹を投げ込もうと画策した先輩や、鼻毛薬を隠そうとした者もいたくらいだ。

昼食についてもうるさかった。

当然、昼食中心に仕事を計画するし、仕事が長引いた場合などは、いかなる場合でも12:00になると昼食に出かけるのだ。何をやっていようとお構いなし急に居なくなる。無線でたった今まで指示を出していたかと思うと、もう返事がない。12:00になったのだ。

こんな時近くの食堂を覗くと、決まってチャンポンを食っていた。

余りの課長の振る舞いに、「昔、昼にチャンポンを食おうとして、食えず仕舞になって死にそうになった」辛い過去でもあるのではないかと先輩と推測したものだが、本意は最後まで分からなかった。

そんなチャンポン鼻毛課長は随分前に退職された。健在かどうかは分からない。

昔は沢山こんな人もいたが、今はこんな鬼軍曹的名物人は少ない。あんまり多いと大変だが、なんだか寂しい気もする。

爆竹を投げ込もうとした先輩は課長になっている。

鼻毛に白い毛を発見した。

時は流れている。

時々クリックお願いします

コールスロー考 

コールスローはスカしている。

サラダにも色々ある。グリーンサラダ、フルーツサラダ、ポテトサラダ、マカロニサラダ、海藻サラダ等々。

通常、サラダはその名前から主体となる素材が分かる。大根サラダ、トマトサラダ、ゴボウサラダなどは典型的だ。

しかし、コールスローはどうだ。あたかも本人がサラダであることを拒否しているが如く、名前にその響きは一切感じられず、なんだか高飛車に構えている。

高飛車と云えば「シーザーサラダ」もそうだ。名前が威張っている。皇帝ジュリアス・シーザーを連想させるこのサラダも内容物が分からない。

しかし、このサラダ名前負けしていない。レタス、アンチョビー、オリーブ、チーズ、サラミが使われ、ドレッシングは半熟の卵黄、ウスターソース、溶き辛子、フレンチドレッシングのブレンドである。なんだかとってもゴージャス。

さすが、シーザーと言いたいが、実際にはこのサラダを残り物の在り合わせから考案したイタリア人シェフの名前から来ているらしい。

コールスローはどうだ。どうやら、語源はオランダ語のコール(kool=キャベツ)スラ(sla=サラダ)で、それが英国式の綴りで米国に伝わり今の呼び方となったのだそうだ。

実体は、細かく切った生キャベツをマヨネーズで和えたものである。ニンジンやタマネギのみじん切りを加えることもがあるが、ようは「みじん切りキャベツのマヨネーズ和え」。

この和え物野郎を「生キャベツのコールスロー」なんて気取った名で売っている訳の分からない店もある。スカしやがって。お前なんか半端な残りもので十分作れるじゃないか。

シーザーサラダとは残り物仲間。「コールスローお前もか」。

でも、うまいけどね。

時々クリックお願いします

雨の記憶 

モノスゴク雨が降っている。

空梅雨から一転、文字通りの「土砂降り」。

子供の頃は、付近がすぐに冠水してしまっていたので、なんだか嬉しかった。

我が家の辺り一帯はクリークだらけで、しかも傍には大きな河川がある。

クリークが溢れると見慣れた風景が一変し、魚がタンボや道路で悠々と泳いでいて、そいつを捕まえるのが楽しかったのだ。

いつか記録的な豪雨で河川が氾濫寸前になったことがある。

氾濫したらひとたまりもないので、父親ら付近の大人達が夜を徹し堤防に土のうを積んで防御していたほどだ。

翌朝、水が引いてみると河川敷にあるグランドのバックネットに、それこそ仕掛網のように魚が沢山掛かっていた。

雨上がりの青空をバックに跳ねる魚達。

それは、天と地が逆さまになったような不思議な光景だったことを記憶している。

そういえば昔は家に舟があった。洪水の際の脱出用だったのだろう。

今はもうそんな事はないだろうし、子供じゃ無いので万が一でもあっては困る。

それにしても、欝陶しい雨だ。

時々クリックお願いします

戦国自衛隊1549 

先般、戦国自衛隊1549を観た。

1979年の「戦国自衛隊」は中々の傑作だった。前回の原作は半村良。今回は福井晴敏だ。

始まって5分でダメだと思った。と云うか観る前から予想はしていたが、案の定ダメだったというのが正しい。まず、キャスティング。

主演の江口洋介は何やってもそこいらのアンチャンでしかないし、何やらせても同じ演技。劇中でもいつ白衣を着込むのかなと思ったほどだ。とても精鋭の自衛官に見えない。それこそ居酒屋の店長がお似合いだ。

鈴木京香もそれらしくないし、その他脇を固める俳優人至ってはあまりにもスケールがなさすぎる。2時間ドラマ見ているような錯覚さえしてしまう。

嶋大輔が演じる自衛官も重要な役所であるが、なんともまぁ物足りない。最後に残って戦う隊員達も無名俳優ばかり。さすがの北村一輝を持ってしても、このあたりのチープさを埋めることはできなかった。

そして何よりもダメなのは映画としての葛藤が描かれていないことだ。葛藤が無いと言うことは、物語がその方向へ進行して行く理由が明確でないってことにも繋がる。

物語自体に葛藤が一切無い。折角、時間設定したのに時間との葛藤もない。人を殺すことに関しても葛藤がない。この手の映画のお決まりで楽しみでもある"異文化"に対する畏れ、理解に至る葛藤すらない。登場人物も誰一人自分の置かれた状況にさえも葛藤していない。

監督の力量もさることながら、脚本がダメだったのだろう。読んでないが、ひょっとすると原作から胡散臭いのかも知れない。

今流行の原作者らしく、この人の作品は続々と映画化されているが、肝心な部分で似非ハリウッド的な胡散臭いB級モノが共通して登場する。
「ローレライ」では超能力少女。「亡国のイージス」では超強力特殊兵器。今回も磁場発生装置やらMHD電池など。

このお馬鹿なB級的ギミックを含め、周辺要素などを如何にリアルに描くか。大ボラを信じ込ませるには細かいところのディテールにこだわる必要がある。そして、大胆に展開させる。繊細かつ大胆でないといけないのだ。

そんな理屈を吹っ飛ばすような派手なアクションやCGで押しきる程金も掛かっていない。それならこの辺りをキチンとすべきだ。客をなめるな。

戦国時代へトリップする「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」にも及ばない。

ましてや前作と比較するのも馬鹿馬鹿しいので、もう書くのをやめる。

時々クリックお願いします

アイエスオー 

ISO9001の審査を受けた。

一応、抜かり無いように事前準備はやったつもりだが、やはり心配だ。

ご存知のとおり、アイ・エス・オーは決められた事を決められたとおりにキチンとやっているかが問題なので、普段規程どおりチャンとやっていれば何ら問題無く認証できるのだ。

そう難しく考えることもないのだが、やはり本審査は気をつかう。

時間前に審査員と本店の品質管理部門のA課長がやってきた。

ニコヤカに挨拶するが、A課長には笑顔がない。どうしたのだ。普段の温和で物腰の柔らかいA課長とは別人のようだ。

何か前日の別の審査対象事業所で問題でもあったのだろうか。

神妙な面持ちで審査が始まる。

審査は時間の制約から特定の事業所だけ。

今回の事業所は、所長も担当者も初体験。かなり緊張している。この2人のキャラクター上、いつトンチンカンな事を言い出すか分からないので、事務局である私は気が気で無い。

カチコチの所長、相変わらず表情が硬いA課長、何考えているか分からない担当者、あせる私。

審査員のキビシイ銃撃。慌てる大尉。後方支援するA少佐。放っておいたら流れ弾に当りそうな曹長。大尉そのルートは危険です迂回しましようと進言する私。この繰り返し。

審査員が見てまわる先を行き、大尉と曹長の面倒をみつつ、安全を確かめながら地雷原を進むような心境の中、審査終了。

地雷に触れることなく無事生還。

非常に疲れた。そして、分かった。A課長の無愛想の意味が。こんなことを3日に渡って、しかもその間審査員と絶えず一緒。離れるのは寝る時くらいじゃないのか。

そりゃ無愛想にも成るわな。

ISO審査で先ず重要なのは心証を良くすることだそうだ。心証を得るためにも、きっと愛想も良い方がイイはずだ。

ISO=アイ・ソー=愛想。

く、苦しすぎますか。A少佐!

時々クリックお願いします

教育上の問題 

女子ゴルフでヘソ出しが禁止されたらしい。

横峯さくらや宮里藍ら若手はもちろん、多くの女子ゴルファーのヘソ出し傾向に、協会が禁止というか自粛を通達したとのこと。

スイングする度にチラリと見えてしまう。それが「教育上よくないから」らしい。

確かに、わざわざ見えるような服を着てしまうのもどうかと思う。しかし、そんなにメクジラ立てることもないのではないか。ストイックさは無いかも知れないが、健康的で健全なイメージだと思う。

街にはそんな歩く度に肌が見えてしまうようなヘソ出し予備軍は普通にいる。

断っておくが、凝視している訳ではない。見たくなくても視界に入ってしまうから仕方ない。

一目でファッションとしてキマッてみえる女性は確かに美しい。

一番困るのは、肉を見せている人。肌ではなく肉。そんな人には余計に目がいってしまうから困る。

ひょっとすると、この人の意向に反して単にハミ出してしまっているだけなんじゃないか、新しい服が買えないでいるんじゃ、そうでないとしたらどういう了見だ、ケンカ売ってるのか、などとイラヌ考えを巡らしてしまう。

誰でも似合うってものじゃない。見せているものが肌だと思い込んでいるようですが、それは肉。貴方の実。自覚を持ちましょう。

街中で肉を出すのは教育上よろしくありません。

そのうえ、パンツまで晒すのは反則です。

時々クリックお願いします

診断結果 

最近あまりに怠く気力が無いので病院へいった。

問診の際、私の顔を見るなり「随時腫れてますね」と医師が顔を触診。

しきりに触診されるが、腫れているのはそこではない。そこは、エラ。私のエラ。しかし、患部はその下だ、なんて窘める気力さえ無い。

血液検査の結果、白血球の数が増えすぎていた。何らかのバイキンの侵入がその原因らしい。

そのあと何本かの注射と点滴を打った。

これで大丈夫らしい。原因が分かって安心したのか、点滴中は爆睡。

もし何の異常も無く、あの怠さ、あの無気力状態感だったら、もはや部屋とか山とか見知らぬ土地とかでヒキコモリ生活する他ない。

調子が悪い時に、異常なしと診断されるより、異常があった方が、安心してしまうから不思議だ。

かと云って、ヘビーな原因だと困るけど。

時々クリックお願いします

一部の地域 

いまどきブロードバンドサービズを受けられないでいる。

ADSLも光もダメ。

サービス対象地域ではあるが、よくある「一部の地域を除く」の「一部の地域」なのだそうだ。

「一部の地域」なんという差別的侮蔑的表現。

何がユニバーサルサービスだ。何がグルーバル化だ。確かに田舎だが山間僻地でもない。極地的に自宅周辺だけ対象から外されている。そもそも、田舎であるからこそ情報化を急ぐべきだ。

あんまり腹がたつのでいろいろやってみた。

NTTへ事ある毎に苦情の電話を入れる。
先般は、現在庭先に設置されているNTT柱をまたもや敷地内に移設させるとの連絡があったが、それを盾にゴネてみた。移設予定日を過ぎてもなんの連絡もない。

町役場に苦情のメールを打つ。
営利優先の企業体では対応できない部分を行政に委ねようと、数百文字に渡って意見した。
暫く経つが何の返事もない。

BBプロバイダに新規登録を繰り返す。
契約解除のお詫びハガキで神経衰弱できるくらいに。

加入推進キャンギャルにも説教たれた。

執拗な攻撃。単なるクレーマーおやじ。

だんだん自分が小さくなっていくのが解る。

時々クリックお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。