スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

30mm 

出る杭は打たれる。

目立っている者は叩かれるとの意味合いだが、その昔、余りに飛びぬけて目立っていると逆に叩かれないと言った人がいたのを思い出した。

このところ鼻がムズムズするから、鼻炎ではないかと思っていた。

何の気なしに指先で鼻の穴の辺りを摘んでいたら、触るモノがある。

取り除こうと軽く引っ張ると、僅かな痛みと共にそれは取れた。

鼻毛。単なる鼻毛だった。

しかし、長さが尋常じゃない。

その長さ約3cm。

視認できる鼻腔の長さもそれくらいだが、そんな突き当たりまで鼻毛が生息している訳じゃなく、入り口から2cmほどだと思われる。これが鼻毛の北限であるハズである。

なのに3cmの鼻毛とはどういうことだ。鼻のムズムズはコヤツが粘膜を刺激していたせいだとは判明したが、一体どう収まっていたのか。

ひょっとしたら、気づかぬうちにハミダシていたとでも言うのか。何たる失態。

こまめに電動鼻毛カッターでトリミングしているのに。安物のトリマーでは不足なのか。

幾度と無く鼻毛カッターの攻撃をかわし、生き長らえた彼は徐々に成長を遂げる。

きっと、ある時から、ある長さに達した時から、長過ぎるがゆえカッターに捕捉されなくなったのだ。

伸び過ぎた鼻毛は剃られない。

「出過ぎた杭は打たれない」。森田健作氏の迷言が身にしみる。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

台風襲来 

台風13号が近づいている。

非常にコースで進んでいて、ヤバそうな気配。

仕事柄、午前中から会社に待機中だが、先ほどから雨も止んでいるし、幸い今のところ何も起こっていない。

不思議なもので、こちらが気合を入れて準備万端の時は大したことなくて、余裕こいてると痛い目にあったりするから油断は禁物。

机の上の気圧計が、徐々に、そして確実に下がっているところをみると、いよいよ最接近真近のようだ。

窓の外の街路樹や配電線の揺れが以前よるは大きくなっている。

案外、通過後の方が酷くなるのかも知れない。仕事も忙しくなるのかも。

子供の頃は台風が来ると言ったら嬉しかったものだが、今はそうも言ってられない。

変なところで歳を感じてしまう。

今日はお泊まり確定。

いくら取り越し苦労になっても、台風は来ないことに越したことがない。

窓の外の暗澹たる雲行きをあざ笑うかの如く、今回の大型台風の名前は「サンサン」。

14号は「ヤギ」。

ヤギが接近。ヤギが上陸。猛威を振るうヤギ。なんともとてもゆるい。

現在、気圧は992ヘクトパスカル。

時折、強い風が吹いている。
続きを読む

時々クリックお願いします

うどん 

昼飯に、ふらっと、うどん屋に入った。

壁のお品書きに目をやる。お品書きの横に映画のポスターが。またしてもサンタマリアか。

どこもかしこも、ユースケサンタマリア。

朝の情報番組から夜のバラエティまで。

主演映画「UDON」のあからさまな宣伝攻勢。

フジテレビが金を出しているらしく、主要番組には出尽くした感さえある。

スッとぼけた芸風が持ち味だとはいえ、こうも臆面も無く、さも臆面があるが如く、臆面もない風を装いながら、臆面のなさを臆面もなく露出しているからウンザリする。

そう思ってチャンネルを変えるとCMまで出ている。

カップうどんやビールのCM。タイアップとはいえ、メーカーのセンスの程が知れる。

これがメディアミックスと言う奴か。

前売りは組織絡みで大量に捌け、これ見よがしにTVで洗脳して観客動員。計算ずくで大ヒット間違いなしか。一昔前の角川映画みたい。

私は純粋にうどんを食べに来ただけなのか、それともそれは「UDON」のせいか。

まぁ、どうでもいい。そもそも私はうどん好き。

うまいラーメンもイイが、それより旨いウドンがもっと好きなのだ。

「キリンさんが好きです。でも、ゾーさんがもっと好きです。」風。

特に、ゴボウ天うどんサンが大好きです。

時々クリックお願いします

裏金 

一体何をやっているのだろうか。

某県庁職員の「裏金問題」。

カラ出張などで捻出された「裏金」は12年間で17億円。

この17億円は当然、県民が納めた血税、税金。それが官官接待などに使われていたというから、全くバカにしている。

人をバカにはしているが、この犯罪に加担していた公務員さま達も相当におバカである。

バカなのは、その裏金の捻出の方法。カラ出張のでっち上げ手口はこうだ。

予め集めておいた全職員の私印を使って、所属長がニセの出張命令書を「作成」「承認」。そして所属長自ら部下の架空旅費を「請求」。

支払われる「架空出張旅費」は、現金払いの時代には本人には渡さず、勝手に私印を使って「領収」し裏金化。

口座振替式になってからは、職員個人の通帳を預かって口座から引き出していたらしい。

そんな悪行の繰り返し。繰り返し。

人の口座から引き出す方もエゲツナイが、通帳を預け、それから引き出す事を容認していた職員もどうかしている。

そうなれば、全職員が加担していたとしか思えない。全く何やてんだか。

カラ出張の設定もこれまた巧妙。本物の出張や休祝日、休暇、催事等の日程とダブらないように慎重に細工。細心の注意を払いながら職員の出勤簿のチェックと整合を図っていたらしいから恐れ入る。

こんなことを、よくもまぁセッセと12年間も。この間、裏金責任者も何回か代わっただろうに。よほど十分な引継ぎが出来ていたのだろう。

監査委員事務局もに裏金があり、職員組合の幹部が裏金を着服する。もう、県庁組織一丸となった裏工作。全ての部署には、そのまま裏の仕事があったのかも知れない。

一体お前らの本業はなんなのだ。

利息を含めた返還対象総額は20億近い。けども、これだけじゃ足りない。

裏金作成に携わった時間分の給料もまとめて返還せよ。

裏金工作のプロ達。あまりに凝り過ぎ、勢い余って裏金の裏金を作っちゃう。

裏の裏は表。裏金の表金化。ある意味、マネーロンダリング。

まぁ、そんな技量があるくらいなら、もともと裏金なんか必要ないのだろけど。

時々クリックお願いします

コスチューム 

日本女子ソフトが世界選手権ベスト4入り。

早々と2008年北京五輪への出場が確定したらしい。

あと2年もあるのに。なんだか分からない。

五輪種目から野球は外され、ソフトボールは残っている。

排除されるか取り入れられるのはか、競技人口によって決まるらしい。

野球よりもソフトボール人口は多いのか。女子専科種目という点ではそうなのかも知れないが、なんだかよく判らない。

よく解らないついでに、彼女らのコスチュームと言うか、ユニホームもよく分からない。

帽子は被らんでもイイのか。全員被らないならともかく、被ったり被らなかったりマチマチ。

中にはサンバイザーという訳の分からないモノを被ってる奴もいるから、ますます分からない。なんだあれは。統一性ってものはないのか。

第一、暑くないのか。

暑い時、外で遊ぶ時は「帽子を被りなさい」と家でも学校でも習わなかったのか。熱中症になりますですよ。

そのうえ、単パンってのも分からない。何でわざわざ肌を出すのか。

ストッキングはかなり長いし、露出する肌の部分は膝小僧のみ。とはいっても、滑り込むだろ。何でズホンじゃダメなのか。理解に苦しむ。

どこか「女子」っぽくなんて発想から来ているものなら全くイタダケナイ。仕事するのに何の合理性も機能性も見出せないのに、女子社員に制服として年中「スカート」を履かせるのと同じではないか。

どこか理に適っている部分があるというのなら話は別。

もし、そうであれば単パンとサンバイザーで野球をやってもOKなのかも。

新庄あたりなら、やってくれそうではある。

時々クリックお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。