スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

BALLAD/名もなき恋のうた 

あのアニメの実写版である。

というか「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」完全なまでにリメイクである。

設定も展開もセリフまでもが忠実に再現されている。とはいえ、やはり「しんのすけ」は実写化できないようで「真一」という小学生が主人公に据えられているのは仕方ないこと。

確かに原作のアニメは傑作(古いコラム196話参照)だった。戦国時代の生活描写や戦シーンの描写にはアニメを超えたディテールを湛えていたし、それに、乱世の中で生き、翻弄される人々の悲哀までもがしみじみと溢れていた。その年の文化庁メディア芸術祭アニメ部門大賞を受賞したのも頷けるものだった。

アニメの監督は「原恵一」。この前作が更に凄い。「クレヨンしんちゃん モーレツオトナ帝国の逆襲」(古いコラム177話参照)。これには完全にやられた。文句なし。その年のマイベストとなっていたほどである。

さて、今回のリメイク版はどうか。

監督は「山崎貴」。「ALWAYS三丁目の夕日」はそれ程良いと思わなかったが、日本アカデミー賞を受賞するなど人気は高い。その監督がアニメを見て衝撃を受けてリメイクに踏み切ったというから力が入ってそうである。

原作がイイので、ほぼそのままなぞった本作が悪いわけがない。ある程度泣けたし、GCも「正しく」使われていて好感は持てた。

しかし、何だか物足りない。

アニメは95分。本作は132分。なのに物足りない。なぜか。よく分からない。

又兵衛と廉の悲恋物語もそれなりに再現できていし、合戦シーンも迫力に乏しいとはいえ量的には過不足ないと思われるのに。

それでは何が余分で、何が不足なのか。

まず不足点。アニメでうまく描けていた部分部分が痩せていると思う。

真一の両親が「タイムスリップ」を信じるシーンはアッサリし過ぎ。ネットでポン。あんなんで信じるのか。真一と又兵衛が絆を深めていくエピソードも省略されている部分もあるし、かなり弱い。美佐子が廉姫に「なれそめ」を話すエピソードも薄く、「あなた方に不幸は似合わない」というセリフも上滑りしている。

気に入っていた「戦を応援しに行く真之助を必死で止めに行く父親」のシーンは随分と印象が違っていたし、何よりアニメでは肝であった「青空の雲」の描写も無くなっていたのは残念。

これらの人間ドラマを深める要素であった部分が痩せているために、物足りないと感じてしまったのかも知れない。ついでに草薙君が痩せすぎであることも追加しておこう。

それでは、何が余分なのだろう。

全体的にテンポが緩慢になっているということなのか。

真一の描き方に問題というか、アニメと違う視点があったからではないかと思う。

要はアニメの「しんのすけ」は又兵衛と廉との関係性の中で存在していたが、実写では少年侍との関係や単独でもその存在を強めているのだ。

実は、その存在自体こそがテンポを悪くしている要因なのではと思う。

リメイクとして全くダメという気は更々無い。

しかし、原作の出来があまりにも良すぎたので、まぁ仕方ないか。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

あるく男 

金曜日の晩、遅くまで呑んだ。

土曜日は昼間っから呑んだ。

そして、晩も呑んだ。

普段はそんなに呑まないのだが、所用が重なってしまったのでしようがない。

とは云え、共に結構な量のアルコールと似たり寄ったりの酒の肴達。カロリーは相当高いはずだ。

なので、その晩は歩いて帰ることにした。タクシーを呼ぶのが面倒くさかったのもある。それに、昨今の運動不足は目に余るものがあり、太ももなんかは見るからに細くなってしまっていることを実感していたところであった。丁度イイ。

月夜だった。飲み屋から自宅まで、そう大したことはない。と高をくくっていたが、案外遠い。

ひたすら、田舎道を歩く。額に薄っすら汗がにじむ。もう20分程歩いたのか。脂肪が燃焼し始めたと思われる。

4km程歩いてきたところで、右足の付け根辺りに痛みが走る。やはり運動不足か。それに体幹が歪んでいるのかもしれない。片方に負担がきているのだ。

歩き方を変えてみる。何だかぎこちない。

汗は益々湧いてくる。

時折すれ違う車のライトが眩しい。

ふと思った。

服装といえば、黒いTシャツに黒ジーンズ。素足にサンダル。そして手ぶら。

月夜の深夜。黒ずくめ。ビーサン。周囲には何も無い一本道を向こうから、ぎこちない歩き方の汗だくのおっさんがやってくる絵面。

仕事帰りには到底見えないし、市民ランナーにも見えそうにもない。

客観的に観て、そうとうあやしい。

おもむろにヘットライトに浮かんだその姿に、ドライバーは見てはいけないものを見てしまったとゾッとしたりしていのかも。

もし警ら中のパトカーと鉢合わせになったら、職質されるかもしれない。

大人としてうまい言い訳ができるのだろか。今のご時勢、尿でも採られかねない。

それならそれでいい。相当量のアルコールが検出されるだけだ。ただの酔っ払いなのだから。

1時間30分後、自宅に到着したときには全身汗まみれになっていた。

熱めのシャワーを浴びる。

すっかり爽快で健康的な気分。日頃の運動不足も解消できたし、先程の足の痛みも消えうせているようだ。

素面でジョギングしたりするのは面倒だが、呑んでしまえば勢いでこんなにも歩いてしまう。そうか呑んで歩けばイイのだ。普段よりも健康的で体力維持も期待できるのでは。簡単なことではないか。

妙なポジティブシンキング。でも結果はプラマイゼロ。むしろマイナス。

ただの酔っ払いの思考。

下腹がキュルキュルと泣いている。


時々クリックお願いします

いつかどこかで 

劇的に若返っている。

新聞の折込みチラシ。どうやら美容用の薬のようだ。

それをただ飲むだけ。64歳の女性が僅か1ケ月足らずで、劇的に変わっている。どう観ても30代にしか見えない。

しみ、そばかす、しわ、たるみ、いわゆる老化の四大要素を全てなかったことに出来るらしいからスゴイのだ。

チラシには体験者の使用開始から終了までの顔写真が掲載されているが、これが泣かせる。

使用開始前の顔は四大要素の見本市。それが2週間後には半減。1ケ月後には全てナッシング。見事に若返っている。若返りすぎ。

というか、ギャップありすぎ。老け顔作りすぎ。安いコントの老けメイクじゃないんだから。あまりのGC全開ぶりに切なくなってしまうじゃないですか。

この時代にあって、ご丁寧に体験者の氏名まで書いちゃて。そうですか。

それで、いったいこのバイトの報酬はいくらなの。

その薬、定価19800円のところを今回は出血大サービスの特別価格9800円だそうだから、大した報酬でもないでしょう。

きっと、掛け持ちでバイトしているんですよね。

いつか、また、別の紙面で会いましょう。

別の違うお名前ってのはナシですよ。

時々クリックお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。