スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

アバター 

久しぶりの更新。

久しぶりというのにお題は「アバター」。

もうアカデミー賞の発表も済み、主要部門は嫁さんにかっさらわれたようですが、この期に及んで、いまさらながら、どうでも良さそうだけども「アバター」です。

実際に見たのは1ケ月以上前。(それでも十分遅いけども)

今更「ストーリーは」なんて語るのもオコガマシイけれども、一応。

舞台は地球から遠く離れた緑の衛星パンドラ。
この星の先住民は青く背の高い部族ナヴィ。パンドラの「鉱物資源」を我が物にしようと目論む人類は、人間とナビィを掛け合わせて作られた「アバター」を遠隔操作してナビィ部族に接近する。
アバターを使って戦略的情報を探り軍部に情報を流す主人公ジェイクだったが、族長の娘らと親しくなり次第にナビィ部族に認められ仲間となり人間としての自分との間で苦悩する。
そんな中、決戦の火蓋が切って落とされるのだった。

取りあえず3Dがスゴイ。とりあえずオープニングで驚かされる。でも、物語が進んでいくうちにその「凄さ」が凄く感じなくなっていく。

ごく自然な感じなのだ。全編CGといってもいい本作であるから、どこまででも驚くような3D描写ができたバズなのにそこまでやっていない。

これは殆どが奇妙な生き物であるナヴィとアバターの話であるから、過度の3D的演出は感情移入の妨げになる恐れがあるためだろう。

これは好感が持てる。単なる「見せ物」若しくは「見物」的ものにしていない。主人公のジェイクのように観客はパンドラの世界を「体験する」のに成功している。

確かに良く出来ている。が、しかし、色々な場面で、どこかで見たようなものばかりのような気もする。

ナビィは「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムで既に見た感があるし、パンドラの動植物は同監督の駄作「アビス」だし、軍隊の描写は「エイリアン2」だったり「マトリックス」に見た気もする。

物語はどう見たって「もののけ姫」。「ここで巨大なイノシシが大挙して押し寄せてくるんだよなぁ」と思っていたらやっぱり出てきた時には思わず笑ってしまった。

「ラピュタ」や「ナウシカ」の匂いも微かにする。

エンドクレジットに宮崎駿の名前を探したけども、流石になかったな。

色々なものにインスパイアされるのもいいけども、丸呑みしていては「昇華」できませんよ。

拘りまくった映像に圧倒はされたものの、見終わった後に既視感ばかりでスッキリしない感じが残ったのも事実。

映像化するに当たって技術的に追いつかず製作に12年もかかったらしいが、その間に折角のイマジネージョンも色褪せてしまってはいないか。

キャメロン監督の「作家性」の中で一番優れているのは「B級っぽさ」なのに、ある意味非キャメロン的な「タイタニック」で大成功して以来どうも気取っているのか、押し付けがましい気がしてならない。

宮崎駿も「もののけ姫」で押し付けがましくなったのに少し似ている。

日本の巨匠が「ポニョ」に回帰したように、キャメロン監督も「スターシップ・トゥーパーズ」のリメークあたりで原点回帰してもらいたい。

A級気取ったキャメロン印全開の大作はもう食傷ぎみだったりするんで。

でも、まぁ、歴史的な作品と称されるだけのことはやっているんだろうな。流石に。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。