スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

情念 

当初の予想に反してメダルが取れない。

トリノオリンピック。

前回のソルトレーク五輪でのメダル獲得数は2個。今回の予想があまりにも楽観的だったのかも知れない。

世界最速の記録を持つスケートの加藤条治も失速。話題のスノーボードも世界との力の差は明らかだった。

総じて若い選手が振るわない中、岡崎朋美らベテラン勢が検討。技能や体力よりも体調やメンタル面の調整能力の差が出た結果なのだろう。

残る期待は、予選を1位通過したラージヒルの葛西。ジャンプ男子団体。それにフィギュアスケート女子。

ウマくいけはメダルは2個程度か。

中でも村主章枝には是非とも獲って頂きたい。

世界一と称される表現力はタダナラヌ情念すら感じさせる。

全力を出し切った演技終了の際に見せる表情は何か悲しそうで、今にも泣きそうでもある。まるで、戦いが終わった後のブルースリー風。

悲願のメダル。それを手にした瞬間、一体彼女はどうなってしまうのだろうか。

別の意味でも興味深い。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

お邪魔します

初めまして、廻りまわって
たどり着いた感じです。
トリノ、寂しいですね。
また、覗きます。
下の食事内容も中々参考になりそう。

今はトリノの話題でもちきりですね。私はあまりスポーツに興味がないので全く見ていないのですが(^^;)

せめて何かメダルが取れれば明るい話題になるのにな~、とは思います。

もうフィギュアスケートしかなさそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/113-c5dd8100

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。