スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

アサルト13 

あの「要塞警察」のリメークと聞いて早速観てきた。

地元ではやっておらず、少し足を延ばして半日がかり。果たしてその甲斐あったのか。

オリジナル版は私が敬愛するジョン・カーペンター監督作の中でもカルト的76年製の作品。前日夜にDVDを見直してみた。

これがやっぱりカッチョいいのである。そのクールさゆえに多くの監督に支持されれいるオリジナル版。現に、タランティーノが生涯ベスト10に入れている程。

これがどうリメークされているのか期待は膨らむ。

物語は閉鎖される警察署の残務処理中に起こる。署には巡査部長のジェイクと引退真近のベテラン警官、それに女性事務員の僅か3人。そこに凶悪犯ビショップが護送されてくるが、署は既に凶悪犯を抹殺するために何者に包囲されていた。真相を知った署内の全員が抹殺のターゲットとなってしまう。

時は大晦日の夜。外は猛吹雪。周囲の工場はどこも閉鎖していて、人気が全く無い。携帯電話も妨害電波で通じない。孤立無援の中、警官と凶悪犯が協力する。果たして脱出できるのか。

話のスジとしてはオリジナル版を踏襲はしているが、現代的な味付けと細部の設定が若干違っていてる。

派手なGCもバカみたいなアクションもないところは好感は持てる。

が、しかし、全然クールじゃない。無駄と思えるシーンや設定、セリフが多い。

中でも重要な部分である「凶悪犯を引き渡せない設定」。ジェイクにトラウマを抱え込ませてはいるが、これでは弱い。いきなり悪夢がしかも強烈に蘇るようなインパクトのある展開にしなければ説得力がない。

それに、SWATばりの武装警官が派手に撃ちまくり、閃光弾やランチャー、最後には武装ヘリまで飛び交う状態。いくら過疎地域の設定でもこれじゃ誰か気づくぞ。

大体、33名のチームと武装ヘリまでが出動しておいて騒ぎにならない訳がなし、そもそも数分で制圧されてもおかしくはない。警察署の建物に火の手が上がって「消防が来る前に引き上げるぞ」なんておバカすぎ。

オリジナル版は「助けを求めてきた民間人を守るため」に新米の警部補が、ゲリラみたいなウォリアーズと戦う設定だった。設定、画面構成、編集、音楽全てが簡潔でクール。ウォリアーズ達は一切喋らない徹底ぶり。明らかな低予算を逆手にとり、闇と銃弾の風を切る音、粋なセリフと雰囲気だけで押し切る超B級映画らしい緊張感に溢れていた。

結局、リメイク版はこね回した設定のせいで、その緊張感が薄れてしまっているのだ。

まぁ、時代背景も違うので仕方ない感はあるが、もう少しクールにできなかったものか。残念である。

じゃ、カーペンター自身がリメイクしたらどうかとも思うが、それはそれでコア過ぎてあまり一般向けじゃなくなる恐れはある。

ファンだけがニヤニヤして観るような映画。どこかそんな期待をした私が悪いのだろう。

劇中、「ナポレオン」「ビショップ」「タバコ」が出てくる辺りは、オリジナル版に敬意を表している感じで嬉しくもあったが。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

厳しい批評ですね。

私は、おばかなので、結構単純に楽しめました。アクション物は好きなのではらはらどきどきして固まってみていました。

TBつけさせていただきました。よかったら遊びに来てくださいね。

単なるファン心理です

コメントありがとうございました。
オリジナル版に思い入れが強いもので・・。「要塞警察」は敬愛するカーペンター作品でも2番目に好きなものですから。全然100満点じゃないところがB級ライクでイイんです。

お返事ありがとうございました。

前作に思い入れがある作品ってありますよね。 わかります。 私は前作みていなかったのとローレンスが目当てで見ていたので楽しめたと思います。
よろしかったらこれからもよらせてもらいますね。どうぞよろしく。

へえ~面白そうなストーリーですね。リメイク前のもリメイク版も両方見てみたいです(^^)
私はあまりわかる人ではないのでリメイク版でも面白く見れるかも(笑)。

オリジナル版のDVDを見つけるのも大変ですよ。

遅くなりましたが

TBありがとうございました。
個人的には何故リメイクしたのか謎だなと思ってしまいました(^-^;

コメントありがとございました。

確かに、リメイクする必要はないですね。

「ザ・フォッグ」もリメイクされるようですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/114-c6d3a754

「アサルト13 要塞警察」の情報

2月18日に公開される「アサルト13 要塞警察」の情報を。1976年の脱出アクションの傑作「要塞警察」シリーズを、フランス映画界の俊英ジャン=フランソワ・リシェがリメイクしたアクション映画。出演:イーサン・ホーク(ジェイク・ローニック役)、ローレンス・フィッシュバ

アサルト13 要塞警察 - ASSAULT ON PRECINCT 13 -

突然に襲いかかる“絶体絶命”の夜外部への接触99%不可能彼らは生きて朝日を浴びられるのか アクション&ホラー映画の巨匠ジョン・カーペンターが76年に生んだ脱出劇アクション傑作クエンティン・タランティーノなど現在のアクション映画の人気作家らに多大な影響を与えた『
  • [2006/02/25 23:44]
  • URL |
  • 浪漫じゃけぇ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。