スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

ヤバイゴミ 

コンビニのゴミ箱に「燃やせるゴミ」と書いてある。

「燃える」ではなく「燃やせる」だ。

以前から「燃えるゴミ」という表現は変だとは思っていた。

基本的にどんなゴミでも燃える。

当然、プラスチックや発泡スチロールも燃える。だから分別するのも悩ましかったのだ。

要は焼却力の問題。ビンや缶や金属だって燃える。猪木だって「燃える」のだ。

では「燃やせるゴミ」はどうだ。これも同じ感覚が残る。やる気さえあれば燃やせてしまうのだから、やはり「燃やせないゴミ」は存在しない。

こんな物理的な変化を連想させる余地のある表現も止める必要がある。

はっきり「燃やしてもイイ」と「燃やしたらイケナイ」と言い切るべきだ。

そう表現することによって、何故燃やしたらイケナイのか理由も分かるってもんだ。

コンビニ前でたむろってる輩には、「燃やしたらかなりヤバイごみ」とでも表記した方が受入れ易そうではある。

「マジ、ダイオキシンが発生するらしいぜ」

「やっぱ、ちょーヤバクねー」

こんな感じ。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

そうおもう!

おじゃましますう
おいらも思うですよ この表現おかしくないんかな~って でも、業界の裏側では分別なんて...

 分別、結構面倒ですよねf^_^;

 東京も結構ウルサイですが、うちの実家のほうはかなりウルサクて、かなり面倒(-_-#)
 燃やせるゴミと紙類は別、しかも裏が銀色(高い牛乳なんかがたまに・・・)の紙類はまた別、ペットボトルやトレー類は再生へ・・・なんて色々あるそうです。

 そういえば猪木も確かに「燃えて」る・・・(笑)



 

ごみ男さま?

カビ男さんですよね。

blogランキングすごいっすね。

私のくだらないblog、今後ともよろしくお願いします。

figaroさま

どう分別してほしいのか(すべきか)自治体の意思がハッキリ伝わらないのが原因だと、いつも思っていました。

猪木は「燃えるもの」ですが、やっぱり「燃やしてはイケナイ」だと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/133-4170e5bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。