スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

後継機種 

任天堂DSが品薄状態らしい。

メッタにゲームをしない私から見ても、ソニーのPSPの方が売れそうだったのだが、どうも逆のようである。

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」といったマニアチックでない大人向けのソフトが爆発的に売れているらしく、近々それの米国版「BRAIN AGE」が発売されるほどの勢い。

そのほか、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、オランダ語版も売り出すらしいから凄まじい。

見事に消費者のツボにハマったソフト。当然のことながらゲーム機本体も売れるということだ。

当初は子供騙しだと思っていた2画面構成とペン入力。

実はそれによりゲームの操作が簡単に、そして分かり易くなったことも大きな要因だろう。

画面を縦方向に、チョウド、本のように見開きにして使えることも画期的なんだろうと思ったりする。

以前、会社の業務システムの開発を担当したことがあった。

PDAを使ったこの業務システム。今でも約700台稼動しているが、実運用に入ってから約4年が経っていて、結構ハードもガタがきている。

毎日現場で使うから無理も無い事ではある。

その点、DSは壊れない。子供が使っても壊れないから相当丈夫。この上なく堅牢である。

液晶画面自体の作りも秀逸なので、強烈なペン入力にも十分耐えうるハズだ。

いっそのこと、後継の次世代システムはDSで作ったらどうだ。

画面も見開きになり、操作性も向上して仕事が捗るかもしれない。

でも、端から見たら遊んでいるしか見えないだろう。

大マジメに仕事していてもDS持ってピコピコ。

仕事中なのに、近所の子供が集まっちゃったりする。

よけい仕事が捗らないことウケアイである。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

DSは壊れないようですね

たしかに、壊れないことは機械の重要な要素ですね。
でも、こわれないDSを仕事に利用する発想はいいアイデアだと思います。
とってもナイスかも。

いちろう
  • [2006/05/10 10:26]
  • URL |
  • パソコン嫌いから始まった pc上達の道
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

DSに限らず、あらゆるハードの耐久試験は、子供にさせるべきです。

TBS

ニュース見ました。ほんと玄米のほうがよさそうですね。
びっくりしました。まさか テレビで大大的に放送して、それが
嘔吐だなんて・・

デジタルwowow!!

進んでる!!

 DS、ちょっと前に買ってしまいました、しかもその「脳を鍛える大人のトレーニング」(笑)まんまとニンテンドーに踊らされてる感もあったのですが、確かにアレはよくできてます、結構難しいし(笑)。
 
 DSで仕事、なかなかいいかも知れませんね、ついでにオジサマたちも脳を鍛えてみたりして、脳年齢20代がゴロゴロ・・・なんて事になったら日本の為にもなるかも・・・(笑)

 

>ついでにオジサマたちも脳を鍛えてみたりして

私も以前やったことがありますが、60歳なんか判定された日にゃ、ムキになりまくり無茶苦茶嵌りこみました。

仕事どころの騒ぎじゃなくなってしまいそうです。

私は最初にやった時、40歳・・・実年齢+20歳・・・泣きそうになりましたo(;△;)o

40歳で+20歳というのは言いすぎでした(^_^;)年サバ読みすぎ(笑)

DS

おひさしぶりです
DSすごいですね~ オークションでも結構しますもの なぜか内の会社にDSがあるんです新品! ボーリング大会の景品だったんですが中止になって・・・ ほしい!

Kabi-otokoさま

>DSすごいですね~ オークションでも結構します

そうなんですか!
DS恐るべしですな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/154-7e9fe463

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。