スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

缶コーヒー 

今更ながら思うが、なぜ120円なのだろうか。

缶コーヒーの自販機に向かってお金を投入する際にふと思った。

ずっと以前は100円だったハズ。消費税が3%になった時、103円じゃ半端だし自販機が対応できないので110円になったと記憶している。

今では当たり前のように消費税5%払っているが、それならば105円ではないか。110円でも多すぎる。

それに以前からの差額7円、その後発生し続けている差額はどこに行っているのだろうか。

そもそも缶コーヒーの中身の原価は、どんなに高級でも20円程度らしい。その他、缶代、缶加工合わせても全部で50円程度。

110円から120円に上がった時の業者の言い分は、原材料費の高騰と消費税率改訂の反映というモットもらしいものだった。そもそも50円のものなのに、どの程度の原材料が高騰したのか知らないが、120円になるのはどうしたものか。

とは思いながらも120円を投入し、いつものとおり有り難く飲んじゃっているから、慣れってのは恐ろしかったりする。

コンビニで缶コーヒー2本まとめ買う。

241円取られたりする場合があるので注意されたい。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/158-7780bc84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。