スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

アコギなギター 

唐突だが何となくギターを買った。

何となく唐突に、というべきか。

会社帰りに楽器屋へ。出てきたのは若いニーチャン。

歳のころは二十歳ちょい過ぎか。爽やかなイケメン風。

高いのは買う気は毛頭ないので、手っ取り早く聞いてみた。

「初心者用とかないの。アコースティックギターの」

「んー、基本的にギターに初心者用なんてないっすよ」

いきなりタメ口かよ、と思ったものの、「ただ安いのを初心者用って感じで売ってるだけなんすよ」ってのは、なるぼど一理あると思った。

そもそも何にしても誰でも簡単に弾けたりするんだったら、別に初心者が使うものと決め付ける必要なない。それこそ簡単に上手く弾けるんだったらプロだってほしいハズだ。

要は金額の問題。途中で断念しても気にならない金額、これくらいなら許せる金額の設定であることが初心者用の条件なのだ。

「以前やってたんっすか」と聞くから「全然」と答える。

「なんで弾こうと思ったんすか」と聞くので「なんとなく」と答えた。

「ここんとこ、おっちゃんギタリストが増えてるんっすよね、流行ってるって言うか」

あー、おっちゃんね。それは正解。そのとおり。でも、流行っているからってのは不正解。本当に何となくなのだ。

何となく、なのだが、どうしたものか、今年に入ってから、急に「ギターを買って帰るおっちゃん」傾向は健著になったらしく、さらに奇妙な事にその殆どが細かい理由はともかく、大まかに言えば「何となく弾きたくなった」からと言うのだそうだ。

何なのだ。こぞって「知らないうちにギターを弾きたくなってしまう症候群」なのか。もしやサブリミナル効果ってやつか。

何か大きな企てに巻き込まれている気にさえなるが、おっちゃんが大挙してギター弾き鳴らしたからといって何がどうなるってこともない。

なんてこと考えつつも、ニーチャンとディスカッションしていたら、いつのまにかタメ口も気にならなくなっていた。普段ならそんな口調にキレそうなものだが、何となくイイ奴っぽく思えてきたから不思議だ。

気づけば奴が「これの色が流行りっすよ」っていうギターを買っているのだから、我ながらどうしたことか。

自身、何となくと思っているが、立派にその流れの一部になっていることに気づいたりもした。そうやって流行ってのが形成されるんだろうな。

「頑張って弾いてくださいっすよ」

そんな屈託のない笑顔に何やらちょっと照れ笑い。伏目がちに歩いた3歩目。

買ったばかりのギターをいきなりショーケースにぶつける。

見事、「新品にキズ」の最短記録を更新。無慈悲すぎる。

慣れないものを持つと、そんなもんである。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

6月2日本日 T氏を熊本から福岡まで車でお送り致しました。
なんとなくギターをかった気持ち凄くわかります。私も今の会社に入る前大阪で一人暮らしをしてたとき、よく雑誌でおしゃれな一人暮らしの部屋の写真が載っている際、ギターが置かれているのが印象に残ったのか、一人暮らしはギターが必要だと思い弾けないのにYAMAHAの3万くらいのギターを買いました。現在ギターは埃かぶってますがふと思った瞬間練習します。
素人でも弾きやすいのは長渕のとんぼですね。簡単なアコギの本ならありますので必要でしたら差し上げます。
(笑)

なんで???

なんとなく・・なんだよね。でも
いきなりかよ! って 思いました。
なんか きっかけみたいなのは
あったんですか? それに「おっちゃん」は ないよね。 だって そんな年齢じゃないでしょ??

ギターは大好きです。ちなみに
簡単なコードなら弾けますよ。ジェニも。

日本人で好きなギタリストは鳥山雄司さん。彼のギターを弾く姿を見ていると セクシーでたまらなくなります。

ジェニファーさま

まぁ、憧れなんでしょうな。楽器やってる人への。尊敬に値しますから。

>それに「おっちゃん」は ないよね。 だって そんな年齢じゃないでしょ??


実は、そんな年齢なのです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/159-29a4548e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。