スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

続編 

ロッキーとランボーの続編作られるらしい。

実に16年ぶりと20年ぶりの続編。

ロッキーの前作はこうだ。若き後継者のトレーナーになったロッキーが、なんだかんだ言いながらリングに復活。最後には育てた若者と戦う筋書きだった。

今回は引退して、イタリア料理店を営んでいながらどう言うわけか知らないが、又しても復活するらしい。

ランボーの方は、これまた引退し農場で余生を過ごしていたが、行方不明になった使用人の娘を捜し出すため救出に立ち上がるらしいのだ。

これでは「後継者育成」とか「普通のおばさんに戻る」と言いながら現役を退きながらも、のこのこと復活している「都はるみ」状態ではないか。

歌ならともかく、ハードな現場は60歳にもなって無理がありすぎる。

会社員だったら本当に定年、昔だったら赤いチャンチャンコを着せられる歳だ。

考える事が人間離れしているスタローン。

映画「メン・イン・ブラック」の中で、地球に住む宇宙人としてスピルバーグと一緒に扱われていたのも頷ける。

映画「ロボ・コップ」の中のニュース番組。

「スタローン氏が脳移植失敗で死亡しました。ランボーの最新作の撮影中でした。」と言っていて、この最新作ってのがシリーズ数十本目だったりしたが、なんだか現実になろうとしている感があり、参ってしまう。

遂に抜いちゃった伝家の宝刀。掟破りにも程がある。肉体派の悲しい末路か。

そういう意味では、シュワルツェネガーもかなりイイ歳だ。

「エイリアンVSプレデター」の次ぎは「ロッキーVSターミネーター」か。

80歳になったロッキーが姥捨て山からランボーみたいに怒りの脱出をする。

肉体的に限界となったロッキーは一部サイボーグ化して、腐りかけた肉体のターミネーターと人類の未来を賭けてリングに上がる。

老人どうしの殴り合い。

ある意味、R指定。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/175-f96c61ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。