スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

キモチ分析 

電話口の会話の調子から相手の心理を読み取るソフトがあるらしい。

このソフトを応用したというサービスはこうだ。

会話中の発生音声に141項目の解析処理を行い、微妙な感情や深層心理を分析。

結果を2~3分後には携帯電話にメールで知らせてくれるのだそうだ。

高度な心理分析技術が組み込まれていて、分析精度は単なる占いや遊びのレベルではなく、通常のうそ発見器を凌駕しているとのこと。

もともとは、イスラエルのある会社が開発したソフトがベース。

その開発目的が凄い。「治安維持用」というから、あのCIAをも恐れさせたモサドの国、イスラエルらしい。

実際、イスラエルやロシアなどで軍や警察の尋問用システムとして使われているらしいから本物。

今回のサービスは、恋人、友人以上恋人未満、友人、夫婦、子供、ビジネス用として提供される「柔らかい」もののようだが、開発目的が目的だけに薄ら寒い思いもする。

携帯電話で通話した相手が、自分にどんな気持ちを抱いているのか。確かに気になるところではあるが、生身の人間関係においては「知らぬが仏」のほうがウマくいくこともある。

その逆で自分の気持ちが意図しない内に、相手に筒抜けになってしまうのは恐ろしい。ギスギスした疑心暗鬼の世界にウエルカム状態。

ある日突然、配置転換させられる。うまく立ち回っていたのに。何故。

上司が内線電話での会話を分析したのだ。

全世界の通話を傍受して分析し、危険分子を排除するってこともSFの世界での話では無くなりつつあるってのに、

例え話が小さすぎる。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/178-e1128876

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。