スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

コスチューム 

日本女子ソフトが世界選手権ベスト4入り。

早々と2008年北京五輪への出場が確定したらしい。

あと2年もあるのに。なんだか分からない。

五輪種目から野球は外され、ソフトボールは残っている。

排除されるか取り入れられるのはか、競技人口によって決まるらしい。

野球よりもソフトボール人口は多いのか。女子専科種目という点ではそうなのかも知れないが、なんだかよく判らない。

よく解らないついでに、彼女らのコスチュームと言うか、ユニホームもよく分からない。

帽子は被らんでもイイのか。全員被らないならともかく、被ったり被らなかったりマチマチ。

中にはサンバイザーという訳の分からないモノを被ってる奴もいるから、ますます分からない。なんだあれは。統一性ってものはないのか。

第一、暑くないのか。

暑い時、外で遊ぶ時は「帽子を被りなさい」と家でも学校でも習わなかったのか。熱中症になりますですよ。

そのうえ、単パンってのも分からない。何でわざわざ肌を出すのか。

ストッキングはかなり長いし、露出する肌の部分は膝小僧のみ。とはいっても、滑り込むだろ。何でズホンじゃダメなのか。理解に苦しむ。

どこか「女子」っぽくなんて発想から来ているものなら全くイタダケナイ。仕事するのに何の合理性も機能性も見出せないのに、女子社員に制服として年中「スカート」を履かせるのと同じではないか。

どこか理に適っている部分があるというのなら話は別。

もし、そうであれば単パンとサンバイザーで野球をやってもOKなのかも。

新庄あたりなら、やってくれそうではある。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/181-43ebc7c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。