スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

分身 

サイフを買い換えた。

これまで使っていたのは頂き物。

ブランド物で結構な値段のモノだったが、その面影もないくらい使い込んでいた。

上品だった皮の外装もボロボロ。それでも気にせず使っていたのだが、つい最近、小銭入れのホックの部分が壊れてしまったので買い換える気に。

実に12年使用。サイフにわが身を提供した牛としても本望だろう。

このサイフは、それ以前に使っていた財布の余りのボロさを見かねた知人から買って頂いたものだったが、その財布もまた、かなり長い期間使っていたのだ。

と言う訳で、過去覚えている限りで、サイフを換えたのは3度目。

他の人は知らないが、一体、どれくらいのスパンで財布を換えるのだろうか。

腕時計を着けない私にとって、財布ほど身近で毎日使いながらも、これほど長期間使うものは他には無いんじゃないか。

どんな服だって、靴だって12年は使わない。近いのは鞄の類なのかも知れないが、財布ほど身近ではない。

そういう意味では、わが身の分身っぽい。

「財布を見ればその人物の人となりが判る」のかも知れない。

が、ボロボロなのに捨てられずにいる私は、モノを大切にする性分でもなんでもない。

単に、モノグサで大雑把だったりする。正解。それが私の性格。

自前で買ったのは遥か昔。一体、財布はどこで買えるのか。

本気で悩んでいた今日この頃。

やっと買ったその真新しい財布に、私自身、まだ馴染んでいない。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

ボロボロのUNIQLO500円財布。
パチンコで勝ったら七色に輝きます。
NAMEはプロレス団体ではありません。

>N.W.O.B.H.M

って、なんのことなのでしょうか。

NWOBHM(ニュー・ウェーブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル、New Wave Of British Heavy Metal)は、1970年代後半のイギリスでぼっ発した音楽ムーブメント。主にアイアン・メイデンのことになります。
  • [2006/10/03 12:25]
  • URL |
  • ジューダス・プリーストは違います。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

存じませんでした。

当方、ヘヴィ・メタルは殆ど聞きません。

申し訳ありません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/186-0a626ba6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。