スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

事前確認 

私の前を、娘さんとその両親が歩いている。

娘さんの年のころは15、16。中学生か高校生。

母親、娘、父親。何やら楽しげに喋りながら、3人赤いジュータンの上を進んでいる。

オヤジさんの手には、3人分のドリンクとポップコーン

これから家族揃って映画鑑賞。

娘さんにせがまれて両親が付いて来た構図か。

5番スクリーン入り口に向かっている。どうやら観る映画は私と同じようだ。

長いコマーシャルが終わり、本編が始まる。

「ブラック・ダリア」

この映画の予備知識ないとはいえ、その監督の趣向は知っているつもり。

そんな私でさえ、想定外のエロでグロい展開。あの家族は大丈夫か。家族で見るには猥雑すぎる。

果たして映画は終りを告げる。

5番スクリーン出た私の前を、2時間前と同じ親娘3人が歩いている。

和気あいあいのあの雰囲気は既にない。

小さい頃、両親とTVを見ている時にスケベな場面が出てくると、何やら不穏な空気に包まれたものだった。オヤジがおもむろに新聞を読み出し、母親は私に学校のことを急に聞いたりしてきた。

年頃になると、新聞を読み出すのは私に代わり、母親は喋る代わりに台所に立ったりした。

今の3人の間にあるのは、そんな、えも言われ得ぬ気まずい雰囲気か。それが2時間弱も続いたのだから、その重さ、心中察するに余りある。

多分、この後、家庭でこの映画について触れられることはないだろう。

娘が先頭を、ついで母親。

そして最後に父親が劇場を後にした。

家族で映画を観る場合、事前に内容は確認しておきたい。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/193-e9ede370

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。