スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

購買意慾 

コインにフレグランススプレーをかける男。

その香りに女が反応。走り出す。

上着も脱ぎ捨て走り出す。

おもむろにコインを噴水へ投げ込む男。

コインを追って、飛び込む女。

香るコインを拾い上げ、滴る姿態を現す女。

したり顔。胸をはだけフレグランススプレーを自分の身体に付きつける男。

露骨である。以前から、この商品のCMは大袈裟だったが、今回は磨きがかかっている。

口やかましい女史が見たら、女性蔑視と噛みつかれるんじゃないかと思ったりする。

この香りさえスプレーすれば、女性が吸い寄せられてくる。そしてモテる。そんな誇大イメージ。

誇大広告に当てはまらないケースは二通り。

性能の範疇を適正に表現する場合。もうひとつは、誰が見ても「それは大袈裟だ」と理解できる場合。

女性に全くモテなかったと日本広告機構に訴えてもショウガナイし、訴える奴もいないと思うが、それを買うってことは、あるいは買ってみようと考える事は、その効果を期待しているからに他ならい。

まぁ、そもそもCMってのは、そういうモノなんだけども。

しかし、気になるのはそこ。

仮に期待していなくても、CMイメージが露骨で強烈なんで、周囲からそういうふうに思われることは否めない。

いったい誰をターゲットにしているんだろうか。モテそうもない男子か。色気づいた中坊か。はたまた、枯れ始めたオヤジか。いかにも過ぎないか。渦巻く下心。

レジの女の子は思う。イカニモ過ぎないか。

彼氏の部屋に、このスプレーを発見。幻滅しないか。

商品をジッと見ている父親を見てしまった。離岸流に巻かれ、引きに引きまくらないか。

なんだかセクハラの原理に似ている気がする。カッコイイ、モテる男がすれば問題なし。そうじゃない奴がやればキモイくて犯罪。

微妙。商品売るがためのCMが足かせになるんじゃないか。

なんて、その大袈裟を必ずしも洒落として消化できない私も、既にイカニモサイド。

買いやしない。

しかし、加齢臭消しには効果があるかも、とは思ったりしている。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/218-9e797fea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。