スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

ある水準 

男性トイレに女性がいた。掃除の女性である。

掃除婦さん」や「掃除のおばさん」といわれる人だが、やはり女性。

日頃、見慣れた光景だが、これは「普通」のことなのか。

男性が用をたしている中、トイレを掃除する女性。

これが逆だったら大変だ。おじいさんが掃除していても、例外無く女性はいやがるだろう。

なのに、我々男は、おばさんを許容してしまう。

「婦」という字の由来は、箒をもっている人を現しているらしいが、掃除は女性、未だにそういう考えが我々日本の男の意識の中にあるのか。

そういう意味では、外国ではあり得ない光景かもしれないとも思う。

実際、男性トイレは「掃除夫」、女性トイレは「掃除婦」でよさそうなものだが、あまり「掃除夫さん」を見たことはない。

やはり、許容によるところの「両刀使い」ができる「婦」の方がパホーマンスが高いといった算段の結果なのか。

では、その許容はどこから来ているのだろうか。

それは、おばさんに「母親」を見ているからなのかも知れない。

普通、トイレに麗若き女性がいたら、男は落ち着かないハズ。きっと、強烈な違和感に苛まれるだろう。

しかし、これが母親の年代の女性だったらどうだ。その違和感はかなり和らぐに違いない。母親が水準なのだ。

我々は掃除婦さんの心持とは関係なく、勝手な水準で「勝手に許容」してしまっている。

ここら辺りが答えなのだろう。

先日、スーパー銭湯で若い女性のスタッフが、生々堂々と男風呂に入ってきたことがあった。

単に、客の呼び出しだったが、そこら中にいた男どもが一斉にドギマギしたのは笑った。

ホントに勝手にドギマギと。当然、私も含めて。

男という生き物。

バカなんだ。これが。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/227-4738661f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。