スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

ECOなBAG 

手元にエコバッグがある。

エコバッグ。何かにつけ方々で配られていたり、オマケで付いていたりして結構目にすることが多い。

家中探したら、きっと5~6個はあるハズに違いない。

どうしたものか。

重さを量ってみる。これは60g程。同じ大きさのレジ袋を量ると4g。

約15倍の質量である。

単純に考えてレジ袋の15倍使わないと同じにならない。

仮に1枚のレジ袋の使用回数を「商品の購入時」と「その後のゴミ袋」の2回として考えてみると、最低でも30回使わないといけない計算になる。30回使ってレジ袋とやっと同等。

15倍の質量を使ってでも「エコであるべきだ」との考えだろうから、やはりここは更に15倍の使用がエコ相応。

となれば、450回。1日1回の使用であれば450日。毎日使って1年強。となれば、家中には既に6年から7年分のエコバッグがあることになる。

エコバッグの主旨は十分に理解できるし、賛同することろである。

しかしならが、昨今のエコバッグはあまりにも「商品」として大量生産され、消費され過ぎている気がする。

無料で配布・提供されることも多いため、その意志が希薄な人間までもが手にすることが出来る現状。

エコバッグという「資源」の大量消費と浪費。

不要な大量のエコバッグを、レジ袋に押し込んで処分する。

そんな本末転倒な事にならないよう、祈るばかりである。

スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/237-5b9d32e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。