スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

薄型テレビ 

帰宅するといきなり茶の間に液晶テレビが。

46型。

どうやら、オヤジが購入してしまったらしい。

まぁ、いきなりでも無いかも知れない。

考えてみると、随分前から買いたがっていたのは知っていた。

それに半ば待ったをかけていたのは、他ならぬ私だったのだ。

理由は幾つかある。

まず、36型のブラウン管TVはそれなりに使えていたし、デジタル放送も完全移行には成っていない。

それに、ここ数年で劇的に値が下がってきた薄型TV。2010年まで待ってば、確実に精度は向上するし更に金額もこなれてくるハズ。

そして何より、茶の間という共有環境に置かれるTV。その資金をこちらも何らか負担しなければマズイのでは、とのケチ臭い思惑もあったりしたからである。

そんな中、堪えきれず買ってしまったオヤジ。喉に刺さっていた小骨が取れたように、やたらスッキリしている。

実は、私の部屋では数年前からハイビジョン映像を100インチで堪能できる環境がある。よって、それほど驚きをもって受け入れている訳ではない。

世界の亀山モデル、液晶のシャープだとか満足気であるが、まんまと企業のイメージ戦略に引っかかっていようとも、金を出したのは本人なので「へぇー良かったね」といってあげている。

しかし、大して広くもない部屋には薄いとはいえ、46型は結構デカイ。

映像が写っている時にはそうでもない。しかし、消すといきなり黒い壁が出現したが如く、やはりモノとしてはデカイ。

デカイと言えば、重量と占有床面積だけは勝っていた36型の先代はどこへ行ったのか。

下取りか。

どうやら妹夫婦が引き取ったらしい。

子供のゲーム用にするのだとか。

只でさえ、子沢山で狭苦しいあの家に、あれを置こうとはツワモノである。

自分より遥かにデカイ、黒い塊に占拠された部屋でゲームに興じる子供達。

TVから離れなさいと云っても、離れるスペースがない状態。

すこしシュールである。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/242-910a4fee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。