スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

魚肉ソーセージ 

まだ西日のキツイ夕刻、買い物に出かけた。

予め夕食の献立を決めていたので、時間はかからない。

今度の総選挙で与野党が逆転したとしても、食材のグレードが劇的に変わるとは考えにくい。

ちょっと小腹が空いていたので、何かつまめる物を買うことにした。

魚肉ソーセージ。懐かしい響きである。

帰りの車の中で1本食べることにした。

赤いビニールの外装を破り、中身を取り出す。

金属の止め具が両端にあり、昔と変わらない風貌であるが、内装のフイルムの色は赤ではなく透明。

こんな商品もあるんだな、と思いつつ、その透明なフイルムを剥がしにかかる。

運転中なので、当然切るものはない。やはり昔やったように歯で開ける。

こんな時は、いつもそうだったが、フイルムがヘンな所で切れてしまったり、フイルムの裏側に中身が微妙に薄くくっ付いたりして何だかイラついたものだ。

特に、両端の留め具の付近に情けない位の量の、ピンク色の魚肉がへばり付いている様を見せ付けられた時には、いいも言われぬ敗北感に襲われたりした。貧乏人の悲しい性で、その部分を食べようとフィルムに喰らいつくのだが、その行為自体も情けなさを倍増させるものでしかなかったのを思い出す。

しかし、どうだ。いとも簡単に、あっさり剥がれるではないか。

透明なフィルムはそのまま透明である。

剥がれるというより、剥けたという感じ。それもつるんと。

なんという爽快感。最早快感でさえある。

どうやら「マジックカット」という製法らしい。

この包装、よくぞ開発したものである。

と、思ったものの、綺麗に剥がれるフイルムっていうのは添加物が多く使われているんじゃなかとか、他社製では留め具を無くしたものさえある中、いまだに金属を使っているのもどうか、とかなんとか、色々なものが脳裏を掠める。

一瞬間訪れた爽快感。

すかさず首を擡げる閉塞感

相変わらず西日がキツイ。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

一瞬間訪れた爽快感。

すかさず首を擡げる閉塞感。
(笑)


深夜にひとりまた吹き出してしまいました。

Re: タイトルなし

> 一瞬間訪れた爽快感。
>
> すかさず首を擡げる閉塞感。
> (笑)
>
>
> 深夜にひとりまた吹き出してしまいました。

神様みたいな人ですね。
身に余るお言葉、光栄です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/250-8519838b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。