スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

あるく男 

金曜日の晩、遅くまで呑んだ。

土曜日は昼間っから呑んだ。

そして、晩も呑んだ。

普段はそんなに呑まないのだが、所用が重なってしまったのでしようがない。

とは云え、共に結構な量のアルコールと似たり寄ったりの酒の肴達。カロリーは相当高いはずだ。

なので、その晩は歩いて帰ることにした。タクシーを呼ぶのが面倒くさかったのもある。それに、昨今の運動不足は目に余るものがあり、太ももなんかは見るからに細くなってしまっていることを実感していたところであった。丁度イイ。

月夜だった。飲み屋から自宅まで、そう大したことはない。と高をくくっていたが、案外遠い。

ひたすら、田舎道を歩く。額に薄っすら汗がにじむ。もう20分程歩いたのか。脂肪が燃焼し始めたと思われる。

4km程歩いてきたところで、右足の付け根辺りに痛みが走る。やはり運動不足か。それに体幹が歪んでいるのかもしれない。片方に負担がきているのだ。

歩き方を変えてみる。何だかぎこちない。

汗は益々湧いてくる。

時折すれ違う車のライトが眩しい。

ふと思った。

服装といえば、黒いTシャツに黒ジーンズ。素足にサンダル。そして手ぶら。

月夜の深夜。黒ずくめ。ビーサン。周囲には何も無い一本道を向こうから、ぎこちない歩き方の汗だくのおっさんがやってくる絵面。

仕事帰りには到底見えないし、市民ランナーにも見えそうにもない。

客観的に観て、そうとうあやしい。

おもむろにヘットライトに浮かんだその姿に、ドライバーは見てはいけないものを見てしまったとゾッとしたりしていのかも。

もし警ら中のパトカーと鉢合わせになったら、職質されるかもしれない。

大人としてうまい言い訳ができるのだろか。今のご時勢、尿でも採られかねない。

それならそれでいい。相当量のアルコールが検出されるだけだ。ただの酔っ払いなのだから。

1時間30分後、自宅に到着したときには全身汗まみれになっていた。

熱めのシャワーを浴びる。

すっかり爽快で健康的な気分。日頃の運動不足も解消できたし、先程の足の痛みも消えうせているようだ。

素面でジョギングしたりするのは面倒だが、呑んでしまえば勢いでこんなにも歩いてしまう。そうか呑んで歩けばイイのだ。普段よりも健康的で体力維持も期待できるのでは。簡単なことではないか。

妙なポジティブシンキング。でも結果はプラマイゼロ。むしろマイナス。

ただの酔っ払いの思考。

下腹がキュルキュルと泣いている。

スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/255-c3be4d84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。