スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

インセプション 

あの「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督の作品だそうだ。

っと、いう触れ込みなのだが、「ダークナイト」が今ひとつだと思っていた私としては別段期待もしていなかった。

人の夢からアイデアを盗み出すことを生業としている主人公コブをレオナルド・ディカプリオが演じている。

渡辺謙演じる巨大企業のトップの夢に侵入したが見破られ、犯罪歴を抹消することと引き換えに、ライバル企業を潰すための工作を依頼される。

その依頼とは、次期社長に会社の解体をさせるアイデアを植えつける事だった。

全体的にスッキリしない。なるほどと思わせるポイントが見当たらなかった。要はリアリティが感じられないのである。

どうも話の構成は複雑で緻密のような感じだが、細部が弱い。だから、現実感が薄いのだ。いくら夢の話でも、やはり現実感がないと話がどこかフワフワしてくる。

夢の世界を構築する「設計士」のアリアドネの動機もイマイチだし、人の良さそうな父親が”非合法”なことにあっさり手を貸す。

夢の中で怪我をすると痛みは現実となるのに頭を撃たれて死んでもケロッしているし、夢に侵入し夢を共有する仕掛けもよく分からない。

面白いと思ったのはコブと妻の話のくだり。夢に取り込まれ現実と夢の区別が付かなくなり最期は死に至る。そのあたりの描写は胸にくる。

しかし、面白いと思ったのも限定的で、ここでも腑に落ちない部分がありスッキリしないのだ。

コブと妻の夢の世界には子供は登場しない。現実の世界では愛してやまない子供達。それを残しても夢の世界でふたりきりの方を選ぶのか。死を選択してまで。

結局、現実感の希薄さ、登場人物の動機の希薄さがこの映画を浅くしていると思う。

所詮、夢の話じゃん。そんな空気が漂っていて切実ではないのだ。

このあたりは「マトリックス」の方が完全に上だし、世界が崩壊していく描写も「エターナルサンシャイン」には及ばない。

脳内世界を描写した映画に「JM」や「マルコビッチの穴」などが(駄作、傑作の違いはあるが)あるが、どうもそれらを凌駕するアイデアに満ちていたとは思えない。

現実と虚構が入り混じる映画も沢山あり、既視感は否めない。

ノーラン監督はこの構想を10年前から温めていたという。

けれども、その間に夢の中でアイデアを盗み取られていたのに気づいていないのか、はたまた「これは全く新しいぞ」とインセプションされていたのかも知れない。

根拠は無いが「インセプション2」があれば、そちらの方が傑作になるような気が・・。

根拠は無い。多分「2」も無い。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/258-af8a4033

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。