スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

ブラックスワン 

暇にまかせて久しぶりに映画鑑賞。ついでに久々に久々のブログの更新。

観たのは遅ればせながらも「ブラックスワン」

ナタリーポートマンがアカデミー主演女優賞を受賞していることは周知の事実。

主人公はポートマン演じるバレリーナのニナ。技術は確かだが今ひとつ抜きに出ることができず、潔癖症ぎみで神経質過ぎる性格もあいまって自信も持てないでいる。バレエ一筋のストイックな日々。そんな中、演出家に直談判して「白鳥の湖」のプリマの座を射止めるものの「白鳥としては完璧だが、黒鳥は演じきれるのか」不安は募る。
今までにまして一心不乱に役に取り込むニナだったが、次第に彼女の周りに異変が現れ始める。果たしてニナは黒鳥を演じきれるのか?

すごい。まずは冒頭の長回しに圧倒される。ライティングが複雑で難しいだろうなぁと関心しきり。でも、すごいのはやはりポートマン。観ている方が息苦しくなるくらい繊細で破滅的。その度が過ぎるストイックさは、母親との関係に端を発しているようで、観ながらデ•パルマの『 キャリー』の親子関係を連想してしまった。

それにバースディケーキをゴミ箱に捨てようとする母親の姿はやけに恐怖を感じるし、レットフォードの『 普通の人々』で息子のために作ったフレンチトーストをいきなり流しに捨ててしまう母親と同じ狂気を感じゾッとするのだ。

感情を抑制しているとニナは思っているのだろが、実際には抑圧されていることに気づいていない。それは母親からであったり、自分自身からであったりする。
ハードな練習にくわえライバル達と間の葛藤で、肉体的にも精神的にも追いつめれていく様は自己破滅的と言える。本当に痛々しい。

その破滅さは幻覚幻聴となって現れ、ニナを蝕んでいく。しかし、それは抑圧されつづけていたニナの感情や欲望の現れであり、そうして黒鳥に近づいていくくだりはスリリングであり色っぽい。

友達でありライバルでもあるリリーから黒鳥役を横取りされそうに思ったニナが楽屋で取る行動は鮮烈である。もみ合いの末、割れた鏡の破片でリリーを刺し殺してしまうニナ。だが、この時鏡に写っていたのは他ならぬニナ自身。まさに自己破壊が頂点に立った瞬間である。

ニナと表裏一体であるリリーはやはりニナ自身でもある。そのリリーを殺すと同時に鏡に映った自分も殺してしまうことで、完全に自分自身を破壊した様がうまく表現されていると思う。

その直後に見せるニナの不敵な表情もポイント。これが化粧鏡に映し出されていることで更に印象深いものとなっている。

完全に生まれ変わったニナ。クライマックスで黒鳥化していくシーンは圧巻。これだけ演じ分けられるポートマンに脱帽。

完璧さを求める者。あるいは完璧主義者。あるいは天才。それが故に味わう苦悩と葛藤。なんだかポートマン自身と重なるような、そんな気がする。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/259-dac89bf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。