スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

SUPER 8/スーパー8 

スピルバーグ印の鳴り物入りの映画。監督はJJエイブラハム。最強のタッグで今年度最高傑作なのだそうだ。

物語の舞台は1979年夏のオハイオ。主人公のジョーは仲間5人と映画作りに熱中する少年。ある晩、撮影中に列車の脱線事故を目撃してしまう。凄まじい事故現場にあって、それが軍の列車であり極秘の積載物を積んでいたことを知る。
事態の収集にやっきになる軍。街では飼い犬が失踪し、人々もまた行方不明者が続出し始める。 そんな中、仲間の女の子の行方が分からなくなり、少年ジョー達は真実を探すために行動にでるが、そこで明らかになったものとは。

1979年という設定はノスタルジーを感じるに十分ではある。多分、監督の少年期の同じであろうし、スピルバーグ映画が若く輝かしかった時期でもある。

少年達のひと夏の冒険物語的雰囲気はスタンド•バイ•ミーっぽく、それはそれで良いのだけれど、大列車事故や戦場と化した市街地や謎の物体に襲われる人々の描写とのギャップは大きい。大きすぎて全体的に一本の映画として馴染んでいない。一体の遺体を見つけた程度の危なっかしいものなんかじゃなく、想像を絶するスペクタクルはひと夏の甘酸っぱい青春には似つかわしくないのではないかと思える。

この映画にのれない原因はなんだろうか。

ひとつは、なかなか謎の物体の登場に行き着かないことだ。思わせぶりすぎで焦らしすぎだったら手法としてまだいい。しかし、何だかその謎とは全く違う青春ごっごを長々と見せられつづけ、唐突に謎に迫りつつあるかと思えば姿は殆ど見えず。その繰り返し。物語として確信に迫っていっていない感じがある。

監督の趣味なんだろうが『ET』か『宇宙戦争』か『クローバーフィールド』か『未知との遭遇』かだかの既視感だらけの映像とともに、 物語はぶちぶちに断絶され流れを失って観客を疲弊させるのだ。

もうひとつは、ついには感情移入できない点。上に書いたように物語が断絶している関係もあって感情移入ができない。そして一番まずいと思うのが、ノスタルジックな青春と大スペクタクルとの間にギャップが有りすぎることと同じように、事の重大さと少年ジョーの心の動きにギャップが有りすぎる点。

これは本来感動的になるべきクライマックスを薄っぺらなものにしている。要は少年があまり成長していないのだ。
そのとき少年が謎の物体に対して発する言葉は、映画冒頭からの少年の言動とそんなに変わらないのだ。

そういう訳で、何だかどっちつかずで監督独りよがりの自主制作映画的な仕上がりになっていて、巨額な制作費なんだろうけども非常にチープなB級ホラーと成り下がっていると思う。

唯一拾い物は仲間の女の子を演じたエル•フェニングか。きっといい女優さんになるのではないだろうか。
もっと、この女の子の家庭環境や感情の動きを大きく扱って事件を小振りにしたほうが、面白いものが出来たのではないかと思ったりする。

今年度最高傑作ってのはあまりにも。このコピーと現実のギャップにウチノメされます。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/262-6417ca97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。