スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

与えられた記号 

夢を与える。

勇気を与える。

聞こえが良い。今時のスポーツ選手や、芸能人なんかが好んで良く使う言葉である。

つい先日もこの言葉を聞いた。それも、ふたつ、いや、よっついっぺんに。

国際サッカー連盟FIFA)の2011年女子世界最優秀選手に選ばれた、日本代表主将のMF澤穂希選手。それに最優秀監督賞を受賞した佐々木則夫監督。

澤選手は「日本人でも、世界の最優秀選手になれる夢を与えられたというのは、意味があると思う」。

佐々木監督は「震災で世界中に助けていただいたことにお礼申し上げたい。日本の皆さんに感動、元気、勇気を与えることができました」。

夢を与える。感動を与える。元気を与える。勇気を与える。

確かに、その世界において並々ならぬ努力と精進した者の中でも、極めて優秀で極めて一握りの人間にしか辿り着けない偉業であることには異論はない。

そして、その高尚な想いにも素晴らしいとは思う。

にしても、である。違和感がある。

夢、感動、元気、勇気、これらを「与える」。今回に至っては「与えること」が「できた」とのことだ。

どうも、おこがましい気がしてならない。

これらは「与えられる」ものだろうか。百歩譲ってそれが出来たとしても、発信者が口にするものだろうか。

これは、そう受け手が感じることではないのか。

この言い回しが発信者の思い上がりでなければ、あまりにもした形骸化した常套句、陳腐な記号でしかかないように思えてならない。

よほど素直に「夢に向かって進むことの素晴らしさを伝えたい」「勇気、元気を出して貰いたい」などの言い回しの方が共感が持てる。

そして、この記号に反応して「勇気をもらった」という記号を口にする者も多い。

何も感じないのだろうか。

選手のひたむきなプレーを観て勇気や元気が湧いてくる。トリガーは発信者の姿勢かも知れないが、それを出したのは自分であるのに。

よほど、双方に口当たりのイイ言葉なんだろうな。

いや記号か。それも誰かに「与えられた」既製品の。

そういえば、以前にも似たような同じ事を書いたな。思い出して、読み返してみて「視点が違うな」と。

少しは成長したのか。いや誰かに何かを与えられ、成長させて貰ったのか。

してないんだろうな多分。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは 三度目の来訪です

> 十年くらい前にこのブログを見まして、再度三年前くらいにお邪魔した者です。
> 当時はゆうか裕子の名前を語っていたかもしれません。忘れてしまいました。
>
>
> 久々にふと思い出して、ブログを拝見しました。やはり年月経っても面白い!ですね。
>
> あるく男を読んで吹き出してしまいました。

久しぶりにブログを覗いてみました。驚きです。まだ読んで、しかもコメントまで。なんと奇特な方でしょう。
レイチェルさん、覚えていますよ。
超超超不定期と云うか、ほぼ死んでいましたが嬉しい限りです。
いつの日か、新作が書けたらとおもいます。
>
> わたしは36歳になり結婚もし、今にいたります。
>
> 懐かしくこのブログを見てユーモアが健在で
> とても温かい気持ちと
> 安心・落ち着く気分になりました。
>
>
> 日常のやなことが忘れられるひとときです。
>
> これからもたまに不定期に更新していただけると
>
> ホントーに幸いです。
>
>
> ちょっとした心の拠り所になります。
> 面白いし…♪
>
> こらむ茶さんの名前が記憶に残って検索できるんです。
> ナイスネーミングです。
>
> では。また。失礼いたしました☆お邪魔しました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/264-fca04a1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。