スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

診断結果 

最近あまりに怠く気力が無いので病院へいった。

問診の際、私の顔を見るなり「随時腫れてますね」と医師が顔を触診。

しきりに触診されるが、腫れているのはそこではない。そこは、エラ。私のエラ。しかし、患部はその下だ、なんて窘める気力さえ無い。

血液検査の結果、白血球の数が増えすぎていた。何らかのバイキンの侵入がその原因らしい。

そのあと何本かの注射と点滴を打った。

これで大丈夫らしい。原因が分かって安心したのか、点滴中は爆睡。

もし何の異常も無く、あの怠さ、あの無気力状態感だったら、もはや部屋とか山とか見知らぬ土地とかでヒキコモリ生活する他ない。

調子が悪い時に、異常なしと診断されるより、異常があった方が、安心してしまうから不思議だ。

かと云って、ヘビーな原因だと困るけど。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

わたしも

顔がそっくりなヒロシです
エラで笑わせてもらいました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。