スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

野球留学 

高野連がまた訳の分からないことを言っている。

高校野球に"外人枠"を設けるとのことだ。野球留学で県外人ばっかりになってしまっていると問題視している。

何を今更。今始まった事じゃない。

確かに、県代表なのに県出身者が殆どいないチームは強豪になる程多い。興醒めもいいとこではある。

しかし、あそこの高校に入学できないので、入学できそうな高校を受験するのと、強豪ひしめく大阪地区を離れ片田舎の高校に野球留学するのと何が違うのだろうか。

憧れの甲子園に出るため、自分の実力から地方の高校を選ぶ。何が悪いのだろうか。地元の高校生が締め出されてしまうからか。入学できそうな高校を受験した場合でも誰かは締め出されるのだ。

リトルリーグの段階でもそれはあるし、県を渡り歩く国体選手だっている。監督だって引き抜かれる。今や義務教育の小中学校でさえ選択できるようにさえなっている。

そもそも、何年在住したら県人になるのか。生まれも育ちも同じ生粋の地元民のことか。転勤族や帰国子女もその枠に入れるのか。地元県民同化テストでもやるつもりか。

学費免除をエサにする中学生スカウトが問題か。学業優秀の特待生は問題にならないのか。

いいじゃないか。三度の飯よりも甲子園。なんて言っている若人の好きにさせたらいいじゃないか。何せ甲子園に出たいんだから。

高野連が考える高校野球はとうの昔に幻影と化している。社会環境も簡単に転居できない大昔とは違うし、高校生自体も違うのだ。

本物の老舗といわれる店は、いつまでも昔の味のままではないと云う。味を守りながら時代に合わせて少しずつ変化させている。現状維持ではないのだ。伝統は伝統で必要だが、時代に即していないものは淘汰されるってことだ。

外人枠なんかじゃなくて、県に拘らないエリア代表制に変えるくらいでイイんじゃないか。

連帯責任だやれ優勝旗返還だなんて、あんまり野暮なことばっかり言ってると、別リーグを立ち上げられるぞ。

スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。