スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

ショーン・オブ・ザ・デット 

夜中、何の気なしにwowwowを見ていたら、これをやっていた。

「ショーン・オブ・ザ・デット」。ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」を下敷きにしたコメディで、タイトルもその原題である「ドーン・オブ・ザ・デッド」をパクったもの。

あんまり好き好んでゾンビ物やスプラッタ系の映画を観る方ではないが、BSという手軽さも手伝って先頃の「ゾンビ」のリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」もなんとなく観てはいた。

その「ドーン・オブ・ザ・デッド」では今までの「ゾンビ」とは違い、獲物を見たら全速力で走ってくる。普通の人間以上に素早い。やたらと元気がいいのが特徴だったが、「ショーン・オブ・ザ・デット」では本来の「ゾンビ」の動きに忠実になっている。

忠実ではあるが、そこはコメディ。ノロノロと動き回るのだが、あまりにも遅すぎるのと鈍感すぎる。その動きはただの酔っ払いと同じ。余裕で走って逃げれる。

二日酔いの主人公のショーンが町中ゾンビだらけなのに全く気づかず、ホームレスや酔っ払いと勘違いしているくだりは笑えるし、不覚にも大爆笑してしまったのは、ゾンビ渦巻く中、目指す最後の砦に向かうシーン。

そこでショーンらが取った作戦とは。ゾンビのフリ。身振り手振り、そしてうめき声。一通り練習してゾンビの群れに突入するのだ。作戦どおりゾンビは全く気づかない。まさに逆転の発想。そしてあまりにバカバカしい。

そうやって、まんまと成功はするが、後一歩のところで携帯電話が鳴り出し見つかってしまう。本来ならば危機一髪であるが、そこからも緊張感が無い。ゾンビそっちのけで痴話喧嘩を始める主人公達。クイーンの名曲をバックに行われる銃撃戦は全く当らない。

結局、最後は火に包まれた置き忘れた銃弾が次々に暴発してゾンビを仕留めてくれたお陰で難を逃れる始末。

いやはや何ともバカバカしい。しかし、深夜で思考回路が正常でなかったとはいえ、これだけ笑えた映画も久しい。メル・ブルックスの「スペース・ボール」以来か。たまにはこんな映画もいいかも。

ゾンビついでに、以前から思っていた疑問。ゾンビの獲物は生きた人間だが、地球上の人間が全員ゾンビ化してしまった後はどうなるのだろうか。食うものがないじゃん。

ゾンビが餓死。でもゾンビとして生き返る。そして餓死。そしてまた。永遠とつづくのか。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

昨日ハリーポッターをしていたので、みてました。今になって見ています。? ただいま、消防講習中

講習中なにやってんだ?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。