スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

タミフル効果 

風邪をひいてしまった。

土曜日の夕方から咳が出始め次の朝には37.8度、異常な位の寒気を感じながら病院へ。

本来、休診日であった事で余りに簡単な診察。薬は貰ったが、一向に良くならない。良くなるどころか、夜には39.7度まで上昇。

急場凌ぎの解熱剤で熱が下がった頃合いで、再び病院へ。

綿棒らしき物体を強引に鼻孔へ挿入される。ハナクソが付着してしまったらハズカシイ。そんな不安を余所に、タダでさえ弱っている鼻孔の粘膜を年増の白衣の天使がゴリゴリと必要に責め立てる。

熱と咳と鼻孔責め。更に点滴。朦朧として何だか分からなくなる。

診断はインフルエンザA型。「通常15分位かかりますが、もうハッキリ出ました」なんて診断結果、じゃ昨日の診断は何なんだ。高熱に打ち震えた昨晩は何だったのだ。

「ん~、タミフルしかありせんね」

あのタミフルですか。

「大丈夫ですよ。幻覚は稀に若年者にみられるだけで、仮に見えたとしても周りの人がいたら大丈夫です。」らしいし、背には腹は変えられない状況。それに国も備蓄を要請しているし。
そんな訳で、点滴しながら服用することに。

点滴の影響で直ぐさま爆睡。しかし、程なくして右手に激痛を感じ目を覚ます。
ナンジャこりゃ。点滴部分が異常に腫れているではないか。幻覚か?しかし、トニカク痛い、痛すぎる。

ようやくナースコールに反応した年増の白衣の天使がやって来た。

点滴漏れ。「まぁ大変痛かったでしょ、直ぐ止めますね。後、湿布しときましょうね」粘膜ゴリゴリとはうって変わって、物凄く優しい。

点滴漏れは事実だったが、再び痛い目に合わせられたのに、年増の白衣が魅力的に見えたてしまったのはタミヒルの影響か。

散々な週末。まだ悪寒と闘ってはいるが、コラム書けるくらいだから明日は大丈夫だろう。

タミフルはあと4日間分あるけど。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。