スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

静かな夜 

寝ようと思い照明をおとした。

ベッドに入ってから、もう2時間は経っていた。見ていたTVもツマラナイし、病み上がりの身体の肩口も少し冷えた頃合い。

瞼を閉じた。

静かだ。少しだけ風の音。
そして静寂。

馬鹿騒ぎのTVが息をひそめただけじゃない。いつものこの時間なら土手沿いを走る車の音が聞こえハズだが。静か過ぎる。

ベッドから半身起こし、ブラインドを少しだけ広げて外を見た。

雪。暗くてその程度は分からないが、少し先の信号機の明かりに照らされた部分を見ると結構降っているようだ。

程なく信号が緑色から黄色。そして赤色点滅に変わった。

降りしきる雪と点滅信号。ちょっとしたクリスマスイルミネーション。

少し風の音がしたなり、また静かになった。

キーンと張り詰めた空気の音だけが聞こえる。

もう眠ることにする。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

きららも夜外を見ていました。
雪の降る夜は、なぜかいつもと違う静けさですよね。
外は一面の雪で、夜だというのにほんのり明るかったです。

私の寝室は北向きなので、とても寒いです。寒すぎます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。