スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

感情表現 

「アナタガスキデス」

「アナダノコトガァダイスキデス」

「シヌホドォスキダカダァ」

オージオ化粧品のCM。韓流スター、チャン・ドンゴンがそう叫んでいる。

別にチャン・ドンゴンのファンでもなく、ましてやそんな趣向は無い。しかし、いつもながら振り向いて見入ってしまうこのCM。

波打ち際で愛の言葉。どアップでの叫び。仕舞いには海まで浸かってしまう。なんてヤツだ。少なくとも今の日本では余りにも異質。

感情を抑えることができず、あふれ出す言葉。語尾が「ダ」でなく「デス」でカタコト日本語なのが、逆に懸命さと誠実な感じを演出している。そんなところも母性本能をクスグルのだろうか。

しなしながら「死ぬほどスキ」だと力説しなければならない程、切羽詰まった状況とカタコトさの対比は、どこか惚けていてコミカル。何だか聞いている方も、その言葉の重さにも関わらず何と無く軽く享受してしまいそうな気配さえ感じる。

愛の言葉はおろか日頃の鬱積した感情さえ口にしたことがない、表現出来ない人はこれを応用したらどうか。

ウマが合わない上司に面と向かって

「アナタガキライデス」

「アナダノコトガァダイキダイデス」

「シヌホドォキダイダカダァ」

なんと無く、許してもらえそうな感じはするが、それなりの覚悟は必要である。

スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

復活してたんですね♪

コンバンワ♪結構前にiモードで連載されてた時に読ませてもらってました♪

しばらくはお休みしてるのかな~、まだ復活してないのかな~と思い時々見てたんですが(パソコンで)なかなか復活されて無かったのでここ最近は見ていませんでした。

それが今日ふと見てみるとあれ?復活してる!と早速遊びに来てみました♪

これからも遊びにきますね♪

復活してたりします。

figaroさん、はじめまして。(と言っていいのか?)

i-mode時代の読者の方ですか。よくぞ見つけて頂きました。なんだかんだあって3年間程休止していました。
(また性懲りもなく初めかたら「休止」なんですが)

ご覧のとおり、相変わらずの文章です。少しは成長しないといけないとは思いながらダメですね。

過去のコラムも掲載していますので、そちらも見てやってください。

今後とも、よろしくお願いします。

*biog書いていらっしゃるんですね。
勝手ながらリンクさせて頂きたいと思います。(可能であれば相互リンクをお願いします。)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/96-07e577ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。