スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

THE有頂天ホテル 

一体、笑いどころはどこだったのだ。

鳴り物入りで公開された「THE有頂天ホテル」。

年末のホテルを舞台にした群像劇スタイル。映画の中でも語られている”グランドホテル”形式の映画だ。

主役を張れそうな俳優陣が盛り沢山。ドキュメント風を狙ったのか長回しが多いが、それぞれがウマク繋がっていない。

一番マズイと思われるのは、映画の時間が語られる時間より「長く感じられる」点だ。上映時間136分。物語の時間約2時間。

ホボ同じだが、長い各パートの繋ぎに全くといってイイほど小気味良さが無いため、観客はダラダラした時間を強引に押し付けられる感覚を得ることになる。要は緩急がないのだ。結果、その各々のパートが全て消化不良となってしまっている。

乱暴な言い方をすれば、映画は「如何にして省略して、何を残すか」が勝負だと思うのだが、あまりにも全てを伝えようとしすぎているし、逆に捨てカットのひとつもない。折角、いろんな仕掛けがあるのに、勿体無い。

豪華な俳優陣、巧妙に練られたストーリーだろうが、この監督の「力み」さ加減がこの映画を「笑えない」ものにしている。さらに、三谷幸喜の特徴でもある「会話の面白さ」も舞台劇ならいざ知らず、あそこまで登場人物の全員に一本調子の大声で喋らせたら、やっぱり映画としては笑えないのだ。

まぁ、同じ内容でも公開のタイミングを12月、上映時間1時間30以内に仕上げていたら。

この長い上映時間内に客席に笑いが起こったのは、ほんの2回程度だった。
スポンサーサイト

時々クリックお願いします

コメント

私は見てないですが・・・

おはようございます♪
早速ブログに遊びに来て頂いたようで、すごく嬉しかったです♪ゲストブックのコメントにも書いたのですが、昔、読ませてもらっていた時に、メールをしたらお返事を頂いて、出張の時に読者がここに住んでるのかと考えるの好きなので、住んでいる所を教えてというお話だったので喜んでお教えした記憶があるのですが、あの時は名古屋だったか札幌だったかに住んでいたような気がしますが、今は東京在住になりました(^^)
ちょうどこの映画の封切りの日にTVで監督が出ていたのですが、何だか気合が入っていると言うか、すごく自分の映画を力を入れて宣伝していてちょっと見る気を無くした記憶があります。ヤッパリ見なくて正解だったかも(笑)

思い出しました。今は出張が少ない部署にいますので、方々行けた当日が懐かしいです。

映画の方ですが「みんなのいえ」は良く出来ていると思いましたが、今回は・・・。

ネット上では評判良いようですので、私に合わなかっただけかも知れません。

みんなのいえは・・・

 お疲れ様です(^o^)/

「みんなのいえ」は確かに面白かったですが、その他の三谷監督の作品を見てないのであのTVの監督を見ただけでちょっと引いてしまいました(^^;)
 映画は好きなのですがミーハーなので、出演者で選んでしまう事も多いなあ・・・(笑)

 今は出張も少なくなてしまったんですね、でもうちの旦那がよく出張でいないのですが、帰ってきたらぐったりと疲れている事も多いので、出張も良し悪しですよね、男の人って体力あるな~と思ってしまいます。
 
 それでは、また新しい記事を楽しみにしています♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jackals.blog12.fc2.com/tb.php/97-3f7b0605

THE 有頂天ホテル

●『THE 有頂天ホテル』2006年1月14日公開。『笑いの大学』(脚本)から約1年ちょい。三谷幸喜待望の新作。今度はどう笑わせてくれるのか楽しみ。『赤影』のポスター見て一目ぼれした麻生久美子も出てます。オダギリジョーも!脇役も豪華です。(鑑賞後....
  • [2006/01/27 13:18]
  • URL |
  • 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ |
  • TOP ▲

映画「THE 有頂天ホテル」を観てきました。

昨日、映画「THE 有頂天ホテル」を観てきました。Yahoo!辞書-大辞林-【有頂天】http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%CD%AD%C4%BA%C5%B7&stype=0&dtype=0&dname=0ss監督・脚本: 三谷幸喜   キャスト: 所広司 / 松たか子 / 佐藤浩市 / 生瀬勝久 /...
  • [2006/01/28 17:18]
  • URL |
  • ブツヨク人 ~ GOのハッピー?!ライフ ブログ ~ |
  • TOP ▲

THE 有頂天ホテル

面白いけれど,物足りない部分もある群像コメディ。人混みの中を二時間歩いたような疲労感も。。
  • [2006/01/29 14:07]
  • URL |
  • Akira's VOICE |
  • TOP ▲

「THE有頂天ホテル」:珍しい国産賀歳片も年明け公開じゃ楽しさ半減

今年最初の劇場鑑賞作品は「THE有頂天ホテル」。私自身、過去ほとんど見た記憶の無いオールスターによる国産賀歳片でした。 ■THE有頂天ホテル(公式サイト) 出演陣には主役級が目白押しだし、伊東四朗、西田敏行など指折りの芝居上手がキッチリ良い仕事をしてます。相変
  • [2006/01/30 01:25]
  • URL |
  • ■DON'T_LOOK_NOW■ |
  • TOP ▲

THE有頂天ホテルぅ~

早速観にいっちゃいました~。有頂天ホテル。麻生久美子の大ファンの奥さんは、かなり前から期待して待ってたみたい。実は俺、三谷幸喜監督作品を観るのはコレが初めてなんだよね。奥さんからは他とはちょっと違うから受け入れられないかもよ~と、ちょっと脅されてたりする
  • [2006/02/02 10:09]
  • URL |
  • ナイス旦那日記 |
  • TOP ▲

『THE 有頂天ホテル』

おかえりなさいませ、お客様。当ホテルは、愛と勇気と素敵な偶然をお届けします。■監督・脚本 三谷幸喜■キャスト 役所広司、戸田恵子、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、篠原涼子、伊東四朗、生瀬勝久、原田美枝子、オダギリジョー、西田敏行、唐沢寿明、石井正則、津川雅
  • [2006/02/02 12:14]
  • URL |
  • 京の昼寝~♪ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。