スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々クリックお願いします

鶏肉とニンニクの芽の韓国風 

mabo[7/23晩飯]
・鶏肉とニンニクの芽の韓国風(200kcal)
・餃子ワカメスープ(50kcal)
・サラダ
・めし
約500kcal

夏は辛いものである。と、いうことで、鶏のもも肉とニンニクの芽をコチジャン炒め。コチジャンひとつで韓国風っぽい。

具材は炒める前に酒と醤油と生姜のみじん切りに漬け込んで、よぉーく揉んでおく。

後は炒めるだけ。漬け込みタレにコチジャンを混ぜたヤツをかけて、更に炒める。コチジャンの量は適当。自由に辛味調整可。

ニンニクが体臭にモロに跳ね返ってくる人でも、芽ならさほど気にしなくてもイイかもしれない。

一人分僅か100円弱でコリアントリップ。

フライト時間も10分そこら。簡単すぎ。



時々クリックお願いします

イカ墨パスタ 

mabo[7/17晩飯]
・イカ墨パスタ(450kcal)
・トマトのコンソメ(30kcal)
・サラダ
約500kcal

イカ墨パスタ。イカを買ってきて、調理。墨袋を取るが、3ハイ程度じゃ足りない。よって市販のソースも使う。バジルも少々プラスする。

ニンニクのみじん切りでもって、イカとタマネギ、赤ピーマンを炒める。塩と黒胡椒で味を調える。見た目より具沢山なのでパスタ自体の量は少なめ。しかも低カロリーのモノを使用。

パスタにイカ墨ソースを混ぜるときが大変。黒い液体がそこらじゅうにハネまくる。油断してたら、キッチンの壁なんかに黒い点が無数にできてしまう。

カレーうどんなんかと同じで、食べる時も注意が必要。カレーもイカ墨も落ちにくいので面倒なのだ。

よく考えると普通のパスタを食っていてもハネているに違いない。違いないが、カレーやイカ墨のように目立たないだけ。

きっと、ズルズルと音を立ててパスタを食べちゃいけない理由の一つなんだろう。




時々クリックお願いします

生姜焼き(190kcal) 

mabo[6/11晩飯]
・豚肉の生姜焼き(190kcal)
・ちくわとおくら(40kcal)
・もやしスープ(20kcal)
・めし
約500kcal

今回は普通に生姜焼き。ロースを使わず、モモ肉で。脂分をそぎ落として使用。よって、見た目よりカロリーは少ない。

ちくわとおくらは、少量のマヨネーズと豆板醤で炒めるだけ。酒のつまみとしてもイケそうだ。

あとは、恒例のもやしスープ。

思わずキムチ奴を食べたくなって、結局トータル的には500kcalオーバーか。

このところ梅雨に入って蒸し暑くなってきたせいか、知らぬ間に体重が
落ちている。(十数年来お目にかかったことのない数値へ!)

こんな時こそ、低カロリーでビタミンB1豊富な豚肉を食べるのだ。

[体重-7.0kg ウエスト-6cm]


時々クリックお願いします

ゆで豚の回鍋肉風(190kcal) 

mabo[5/28晩飯]
・ゆで豚の回鍋肉風(190kcal)
・チンゲン菜のスープ(40kcal)
・ブロッコリーのニンニク炒め(20kcal)
・めし
約500kcal

案外回鍋肉は低カロリー。

豚モモブロックを脂を落としてそのまま塩茹でに。ニンニクと生姜とネギで臭みを消す。

ゆで汁はチンゲン菜と溶き卵を入れてスープに仕上げる。

茹で豚はあまり薄くならないようにスライス。そうすることで食べ応えが出る。タケノコも同じ厚さ。キャベツとピーマンを一緒に炒める。タレは甜麺醤に酒。

キャベツの分量が多かったのに、甜麺醤が少なかったので、若干薄味に。回鍋肉は濃さが命なのに。

ブロッコリーは茹でた後、ニンニクと塩コショウで炒めてみた。結構いける。

このところ何故か-7.0kgになっていた体重の変動が著しく、-5.0kg程度まで持ち直す。

気のせいかウエストも若干戻ったような。

[体重-5.0kg ウエスト-6cm]


時々クリックお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。